隠していた借金が家族にばれてしまったとき、あなたならどんな言い訳をするでしょうか?

言い訳をすることがいいことではありませんが、時には必要になる事もあります。

隠していた借金がばれたときの言い訳について、考えていこうと思います。

スポンサーリンク


1.「心配をかけたくなかった」

隠していた借金が家族にばれたら、「心配をかけたくなかった」と言い訳をしましょう。

借金をするということは、家族に心配をかける事です。

ですが、その心配をかけたくないから借金を隠していた、というのは十分な理由になります。

言い訳になってしまいますが、「心配をかけたくない」と言えば納得してくれる人もいるでしょう。

隠される方が心配だと言われてしまっても、自分で何とかできているのであれば、知らない方がいいという場合もあります。

お金がないから借金をしたときであっても、心配をかけたくないと言い訳をしてその場を乗り切ってしまいましょう。

2.「給料が少なくて」

隠していた借金がバレてしまったときには「給料が少なくて」と言い訳をしましょう。

給料が少ないから、生活費などに当てるお金を補充したくて借金をしていた、と言えば、責める事は出来ないと思います。

言い訳をした上で、これからどうして行けばいいのかを話し合う事が大切になってきます。

例えば、パートに出てもらうとか、自分が転職をするとか、そういった具体的な方法を考えるようにしましょう。

そして、これから借金をしないで生活していくにはどうしたらいいのか、ということを考えるようにすればいいのです。

お金がないから借金をしていたのなら、これからについて考えるような方向に話を持っていくといいでしょう。

3.「自分で返済しているから、迷惑はかけていない」

家族に内緒の借金がばれたら「自分で返済しているから、迷惑はかけていない」と言い訳をしましょう。

家族に返済の面で迷惑をかけていないのであれば、自分で返済をしているのだから迷惑をかけていないと言い切ってしまいましょう。

金銭面で家族の負担がないのであれば、十分に押し通すことができる言い訳になると思います。

自分の力だけで、家族に負担をかけずに返済が出来ているなら、それ以上は怒ったりすることもできないはずです。

借金の理由について聞かれてもはぐらかしてしまえばいいでしょう。

「自分で返済ができているから」というのは、借金を隠していたときの大きな言い訳の1つになるのです。

4.「急な出費があったから」

借金の存在が明らかになってしまったら「急な出費があったから」と言い訳をしましょう。

社会人であれば、いつ、どんな出費があるか分かりません。

でも、その出費に備えられるだけの貯金がある人は少ないのです。

例えば、「会社で1人○○円ずつ集める事になったけど手持ちがなかったから借りた」というのも十分な理由です。

貯金をすぐに下ろせる人ならともかく、そうでない人であれば借金をするしかないのです。

「急な出費で手持ちのお金がないから」という理由は、借金をしてしまう十分な理由になります。

スポンサーリンク