隠していた借金が家族にばれた時の7つの言い訳

0
1937

5.「嫌々借りた」

内緒にしていた借金が家族に見つかったら「嫌々借りた」と言い訳をしましょう。

借金を隠していたとき、どうしても話せない理由で借りる事もあると思います。

そういうときには、「付き合いで嫌々借りた」と言っておくといいでしょう。

スポンサーリンク



飲み会や友人づきあいをするのが社会人なので、そういうときのお金に困って借りたといえばいいかもしれません。

借金を隠していたことは怒られても、使用用途は何とでもいいわけが出来ます。

嫌々であったのであれば、今後借金はしない約束をすることで、許してもらえるかもしれません。

付き合いのお金がないから借金をしたのであれば、嘘でも「嫌々だった」と言っておくといいでしょう。

6.言い訳をする前にまず謝る

隠し通すはずだった借金がバレたら、言い訳をする前にまず謝ることが大切です。

一言「ごめん」と謝ってから言い訳をすれば、それだけでも印象が違ってきます。

言い訳をするにしても、それがどんな言い訳であったとしても、まずは謝る事が大切なのです。

一言謝ってしまえば、それ以上家族は責める事ができません。

「先に言ってくれればよかったのに」と言われるかもしれませんが、それは甘んじて受けるようにしましょう。

隠していた借金が家族にばれてしまったら、言い訳をする前にまず、一言謝ってみましょう。

7.言い訳は押し通す

隠していた借金が家族にばれたら、言い訳は押し通してしまいましょう。

隠していた借金の言い訳というのは、大抵が通じるものではありません。

ですが、言い訳を押し通してしまえば、それはそれで、その場を凌ぐ方法になるのです。

まず謝ってから言い訳をしたら、その言い訳は曲げないようにします。

そして、その場だけを凌いで、その後の生活や、借金の返済について考えるような時間にしましょう。

スポンサーリンク


隠していた借金が家族にばれた時の7つの言い訳

1.「心配をかけたくなかった」
2.「給料が少なくて」
3.「自分で返済しているから、迷惑はかけていない」
4.「急な出費があったから」
5.「嫌々借りた」
6.言い訳をする前にまず謝る
7.言い訳は押し通す

借金

隠していた借金が家族にばれてしまったら、まずは謝る事です。

それから言い訳をしてもいいですが、一番大切なことは、今後どうしていくかということです。

借金の言い訳をしても、家族と一緒に今後のことを考えていくのが、一番大切なのです。