visaのデビットカードがあるなら、マスターカードにもあるのでは、と思う人も多いと思います。

少し前までは、マスターカードにもデビット機能が付いたものがあったのは事実なのです。

では、マスターカードのデビット機能のポイントと、現在の状況について紹介したいと思います。

[ad#money-1]

1.国内外のマスターカード加盟店でデビットカードを利用できる

マスターカードのデビット機能は、国内外のマスターカード加盟店で利用することができます。

VISAと並んで、国際的にも有名なカードであるマスターカードは、クレジットカードとしてのイメージをしている人も多いと思います。

クレジットカードとしてのマスターカードは、世界中どこでも利用することが出来るカードという認識がある人も多いのではないでしょうか。

デビットカードであっても、マスターカードの加盟店であればどこでも利用することが出来るので、世界中どこでも利用できるデビットカードが、マスターデビットカードなのです。

VISA加盟店と同様に、マスターカードの加盟店も世界中にたくさんあります。

デビットカードは2種類あり、VISAやマスターカードのようにクレジットカードブランドが提携しているものと、ジェイデビットカードと呼ばれる国内のみで利用することができるものがあります。

せっかくデビットカードを作るのであれば、世界中で利用できるマスターカードを利用するといいでしょう。

2.マスターカードのクレジットカードと同じ使い方をすることができる

マスターデビットカードは、クレジットカードと同じ使い方をすることが出来るカードです。

クレジットカードというのは、その場に現金がなくても買い物ができるカードです。

ですから、もし財布の中にお金が入っていなかったとしても、クレジットカードがあれば買い物をすることが出来ます。

マスターカードの加盟店であれば、世界中どこでもそのような使い方をすることができるので、とても便利なカードなのです。

デビットカードは、クレジットカードと同じような使い方をすることが出来るカードです。

デビットカードを使って支払いをすることで、その場に現金がなくても買い物をすることが出来ます。

なので、使い方としては、レジでの支払いのときにカードを出して、暗証番号を入力したり、署名をすることで、支払いが完了となります。

マスターカードのデビットカードとクレジットカードは、同じような使い方をすることが出来るカードで、その違いというのは支払い方法の違いだけなのです。

3.利用した金額分がすぐに引き落としされるのが、デビットマスターカードである

マスターカードのクレジットとデビットの違いというのは、支払い方法の違いだけです。

まず、クレジットカードの支払いは、1ヶ月の締め日にその月に利用した金額が集計され、1ヵ月後に請求があります。

一括払いであればすぐに使った金額の全てを支払うことになり、分割なら分割回数によって金額が変わります。

最近利用する人が増えたリボ払いであれば、毎月の支払い金額は一定になっているでしょう。

つまり、クレジットカードは利用したあと1ヵ月後に請求があったとき、自分の選択した支払い方法によって支払いを行うカードなのです。

一方、デビットカードというのは、口座に残高があれば利用することが出来るカードです。

カードの支払い方法は一括のみで、支払いをしたらすぐに口座からその代金分が引き落としされます。

すぐに引き落としがされるので、口座に残高がないと利用することが出来ないのです。

マスターカードのクレジットを使いすぎてしまった経験がある人は、デビットに切り替えると使いすぎ防止になるのです。
[ad#middle]

4.現在、国内の銀行ではデビットマスターカードを発行することは出来ない

現在のマスターカードのデビット機能が付いたカードというのは、国内の銀行で発行することができなくなっています。

デビットカードというのは、銀行が発行しているものです。

デビットカードを利用するためには、引き落としができる口座が必要になるので、銀行がデビットカードを発行しているのです。

過去、マスターカードブランドのデビットカードは、東京スター銀行が発行していました。

ですが、カードを利用してから引き落としまでのタイムラグがある場合にその分のお金が入金されず、未払いの状態が続いたり、督促に手間がかかってしまうことから、東京スター銀行はデビットカードの発行から撤退しているのです。

現在、国内でデビットカードの発行をしている銀行は多数ありますが、VISAデビットカードか、ジェイデビットカードの2種類になってしまっています。

マスターカードのデビット機能は、今、国内で使うことができないということを覚えておくといいでしょう。

5.マスターカードではなくvisaのデビットカードを利用することが出来る

国内でデビットカードを利用するのであれば、マスターカードのように使い勝手のいいVISAデビットカードを利用するといいでしょう。

マスターカードブランドのデビットカードがない以上、VISAデビットカードかジェイデビットカードの2種類から選ぶことになります。

ジェイデビットカードの場合、利用できるのは国内のみになってしまいます。

国内のジェイデビットカード加盟店でしか利用できないので、海外でも利用したいというときには、使うことができないのです。

VISAデビットカードの場合、海外での利用も可能になります。

世界中のVISA加盟店で利用することが出来、VISAはクレジットカードブランドとしても大手なので、世界中どこでも利用することが出来るカードといえるでしょう。

海外旅行のとき、デビットカードを持っていると万が一のときにも安心することができます。

マスターカードのデビットが利用できない今は、VISAを利用することをオススメします。
[ad#afterpost-1]

マスターカードのデビットを利用する5つのメリット

1.国内外のマスターカード加盟店でデビットカードを利用できる
2.マスターカードのクレジットカードと同じ使い方をすることができる
3.利用した金額分がすぐに引き落としされるのが、デビットマスターカードである
4.現在、国内の銀行ではデビットマスターカードを発行することは出来ない
5.マスターカードではなくvisaのデビットカードを利用することが出来る
マスターカードのデビットを利用する5つのメリット

今は、マスターカードのデビットを利用することは出来なくなっています。
ですから、デビットカードを利用するときには他のカードを選ぶ必要があるのです。
マスターカードのように使い勝手のいいVISAのデビットを利用すると、世界中で使えるのでとても便利だと思います。