投資信託で債券を購入するときの5つのポイント「期限大丈夫ですか?」

0
111

4.種類別にどれだけ購入するかを決めて投資信託を行う

投資信託で債券ファンドを購入する、と言っても、組み入り比率などを確認することはとても重要になります。

債券ファンドと言っても、国債や地方債、社債などの種類があり、それぞれのファンドごとに、組み入りの比率は変わってきます。

種類別の構成比は、そのまま運用のリスクやメリットに繋がる部分なので、しっかり確認をしておくことが大切なのです。

スポンサーリンク



例えば、初めて投資信託で債券ファンドを購入する人は、まず安全性を大切にする人が多いと思います。

そういった場合には、国債を中心に組み入れるファンドを選ぶことが大切です。

すでに債券ファンドを購入したことがあり、リスク等も分かっているという場合には、より高い利回りを狙うことが出来る社債を多く組入れたファンドを選んでみてください。

ただし、社債を多く組入れたファンドと言うのは、値動きが激しい部分があるので注意が必要になります。

投資信託の債券ファンドを購入するときには、リスクを確認してから、どのような組入れがいいのかを選ぶことが大切です。

5.投資信託で債券を購入するなら、格付けは必ずチェックする

債券を購入する場合、投資信託の格付けをチェックしておくことは大切なことです。

組入れ債券の格付け構成比などをチェックすると、その債券が安全であるかどうかを知ることが出来ます。

そもそも、投資信託にはそれぞれに格付けがあり、一般的には格付け上位の方が安心して投資を行うことができるファンドであるという認識ができるのです。

債券の場合も同じで、債券の格付けというのは、信用力を表しています。

なので、債券の格付けが高ければ、それだけ元本と利息がしっかり払われますよ、という確実性の裏付けになるのです。

最上級の格付けはAAAで、BBB以上であれば投資適格債券とされています。

BB以下であれば、債券不履行のリスクがあるので注意が必要となります。

安定的な投資信託の運用をしたいのであれば、投資する債券の格付けをチェックして、平均的にA以上の格付けであるファンドを選ぶようにするといいでしょう。

スポンサーリンク


投資信託で債券を購入するときの5つのポイント「期限大丈夫ですか?」

1.投資信託の債券とは、国や企業がお金を借りるときの借用証明書である
2.投資信託の債券は安全志向の人におすすめである
3.債券のリスクがあることを知っておく
4.種類別にどれだけ購入するかを決めて投資信託を行う
5.投資信託で債券を購入するなら、格付けは必ずチェックする

投資信託で債券を購入する

投資信託で債券ファンドを購入することは、安定した運用をすることができると言う事につながります。
ですが、債券にもリスクはあるので、そのあたりのリスク回避等は十分に行う必要があるでしょう。
投資信託の債券ファンドは、格付け等をチェックして安定した運用ができるものを選んでください。