お金持ちには、共通するお金の使い方があります。

お金持ち故に、お金の使い方には敏感で、きちんとした使い方を知っているのです。

お金の使い方を知っていれば、無駄遣いをせずに、必要なところにしっかりお金を使うことが出来ます。

逆に言うと、お金の使い方を知らないと貧乏になってしまうということなのかもしれません。

お金持ちのお金の使い方とは、一体どんなものなのでしょうか。貧乏な人とお金持ちの人の、お金の使い方の違い

貧乏な人とお金持ちの人は、どんな風に使い方が違うのでしょうか。

  • 貧乏な人は見栄のためにお金を使い、お金持ちは自己投資のためにお金を使う
  • 貧乏な人はギャンブルに無駄遣いをしてしまう
  • お金持ちは人間関係にお金を惜しまない

お金持ちは無駄遣いをしません。

必要なところに、必要なお金を使うことを知っています。

それを真似することで、お金持ちのように、お金に好かれる人になれるのです。

[ad#money-1]

1.自己投資にお金を使う

お金持ちのお金の使い方で、誰でもがやっている方法は自己投資です。

自己投資とは、自分の財産になるものに投資をすることであって、見栄で何かをすることではありません。

「見栄の自己投資」と「自分の財産になる自己投資」の違いを知っていることが、お金持ちとそうじゃない人との差なのです。

例えば、エステを経営している人に綺麗な人が多いのも、同じような理由です。

エステに通ったり、自分が綺麗になることで広告塔になって集客に繋がったり、自分が受けたエステを自分の事業に還元することができるのがお金持ちです。

「エステに行ったこと」を褒められたいという人は、見栄でお金を使っていることになります。

見栄の自己投資と、自分の財産になる自己投資の差を知っていることが、大切なのです。

2.人間関係に使う

人間関係にきちんとお金を使うのは、お金持ちのお金の使い方の特徴です。

人間関係は、お金の出入りに大きな影響を及ぼしてきます。

人間関係にかかるお金をケチらずにきちんと使っている人には「稼げる方法」や「役立つコツ」を教えてくれる人が増えていきます。

人脈が増えると言うことは、それだけ稼ぐ手段が増えるということと、ある意味では同じなのです。

そしてもし、自分が困ったときには、今まで繋いできた人脈が助けてくれることもあるでしょう。

人間関係に使うお金をケチってしまう人には、そういった有効な人脈が増えていきません。

何でも自分でこなさなくてはいけない、困っても助けてくれる人がいない人が、果たしてお金持ちになれるでしょうか。

お金持ちは、人間関係に払うお金は、自分に戻ってくることを知っているのです。

3.必要なところに使っている

お金持ちは何気なくお金を使っているのではなく、必要なところに使うというお金の使い方をしています。

貧乏な人は、細々と無駄遣いをしてしまうことが多いのです。

「あまり必要じゃないけど安いから」や「皆が持っているから」という理由で何気なくお金を使います。

でも、お金持ちは、「本当に必要なもの」だけにお金を使います。

何気なく買うものよりも、必要なものにしっかりお金をかけているのがお金持ちなのです。

何気なくお金を使うことが無駄遣いであることを知っているのといないのとでは、お金の使い方も違ってきますね。

[ad#middle]

4.浪費ではなく投資にお金を使う

お金持ちのお金の使い方は、浪費ではなく投資です。

浪費とは無駄遣いのことで、投資とは将来の収益に期待してお金を払うことです。

浪費は何のタメにもならず、自己満足で終わってしまいます。

自分が満足するためにお金を使うことも大切ですが、そればかりでは何にもなりません。

お金持ちは、将来の収益を見越した投資をします。

例えば、マンションを買ったり、株式を買ったり、ということです。

最終的に、自分が持っているお金が増える手段にお金を使うことが有益であると知っているのがお金持ちなのです。

5.質素だからお金が貯まる

本当のお金持ちほど質素で、お金の使い方が厳しい人という場合もあります。

無駄な浪費はせず、しっかりと収支を把握しながら使っています。

例えば、まだ使える電化製品を買い換えたり、車を頻繁に買い換えたりするのは、浪費かもしれません。

使えるものは長く使って、なるべく浪費を減らしているのがお金持ちです。

お金持ちであればあるほど、質素な生活をしているのです。

使うお金が少なくて、入ってくるお金が多ければ、自然にお金が貯まっていきます。

質素な生活は、お金持ちほどしているのですね。

6.堂々とお金の使い方を話せる

お金持ちは、堂々とお金の使い方を話していることが多いです。

堂々とお金の流れを話せるということは、きちんと収支を知っているということです。

また、どうやってお金が流れているのかを知っているので、どうやったら稼ぐことが出来るのかを知ることが出来ます。

貧乏な人で、きちんとお金の流れや使い方を話している人は少ないです。

なぜかというと、流れや使い方が不透明な部分があったり、どこかで「無駄遣いと責められるかも」という気持ちがあるからです。

お金持ちは無駄遣いはせず、お金の流れや使い方をしっかり把握しています。

堂々とお金の使い方を話せるということは、お金が入ってくる方法を知っているのと同じことなのです。

7.お金は使えば増えていくことを知っている

自分のスキルを上げることや、人間関係にしっかりお金を使うことが出来るお金持ちは、お金の使い方が上手いのです。

だから、一見、無駄な投資に見えても、最終的には自分に入ってくるお金が増えることを分かっています。

自己投資にしても、人間関係に使うお金にしても、その先を見越したお金の使い方だと言えます。

例えば、今の自分にあるパソコンのスキルをもっと上げたいと思ったとき、お金持ちはお金を使ってスキルを上げていきます。

その結果、パソコンでできることが増えて、稼げる手段が増えたことになります。

スキルを上げるために使ったお金よりも、稼いだお金の方が多ければ、それは得をしたことになりますよね。

お金をきちんと使えば、お金は増えていくことをお金持ちは知っています。
[ad#afterpost-1]

お金持ちに共通する7つのお金の使い方

1.自己投資にお金を使う
2.人間関係に使う
3.必要なところに使っている
4.浪費ではなく投資にお金を使う
5.質素だからお金が貯まる
6.堂々とお金の使い方を話せる
7.お金は使えば増えていくことを知っている

お金持ちのお金の使い方

お金持ちのお金の使い方は、合理的で、先を見越した使い方です。

そのお金を使った先に、もっとお金を稼ぐ方法があることを、お金持ちは知っています。

だから、無駄な投資はせずに、きちんとしたお金の使い方ができるのです。

お金持ちに共通するお金の使い方は、実はとてもシンプルなのかもしれないですね。