ユニクロ、ファーストリテイリングの会長である柳井正氏には、2人の息子がいます。

その息子達の今後について、メディアなどで噂になることが最近増えてきました。

では、ファーストリテイリングの会長柳井正氏と、その息子達の話について考えてみましょう。

[ad#money-1]

1.柳井正の息子、長男の一海氏は現在ファーストリテイリングの子会社会長となっている

柳井正氏の長男である一海氏は、現在ファーストリテイリンググループに入社しています。

もともと、長男の一海氏は、ゴールドマン・サックスに入社していました。

その後、アパレル企業であるリンク・セオリーに入社しました。

リンク・セオリーは一海氏の入社後、ユニクロを展開し、父である柳井正氏が会長を務めるファーストリテイリングの子会社となります。

ファーストリテイリングの子会社となったリンク・セオリーにいる一海氏は、ファーストリテイリンググループの執行役員に就任しています。

柳井正氏は、ファーストリテイリングの大株主です。

同社の株の22パーセントを保有しているので、実質的にはファーストリテイリングのオーナーなのです。

とはいえ、長男である一海氏も、4.5パーセントの株を持つ大株主のひとりでもあります。

つまり、柳井正氏が死去してしまえば、息子である一海氏たちがその株をも引き継ぐことになり、オーナーになります。

そのための布石として、柳井正氏は子会社の会長と言うポジションを息子に与えているのではないかといわれています。

2.次男の康治氏もユニクロに入社している

柳井正氏のもう1人の息子である、次男の康治氏は2012年にファーストリテイリングに入社しています。

もともとは、三菱商事で働いていた康治氏は、2012年ファーストリテイリングに入社し、広報部門などで働いていました。

現在はグループの執行役員を、兄の一海氏とともに務めるようになっています。

康治氏も、一海氏と同様に、4.5パーセントの株を保有している大株主です。

また、康治氏と一海氏の資産管理会社の分も含めると、それぞれ8~9パーセントもの株を保有していることになります。

父である柳井正氏が死去した後には、さらに保有する株数は増えるものと見込まれます。

ファーストリテイリングの株の時価総額を考えてみると、柳井氏が所有している株の価値は1兆円とも言われています。

一海氏は4000億円、康治氏は3600億円とも言われているのです。

そこで、柳井正氏の経営手腕を間近で見ていた息子たちに経営を譲ることで、柳井一族にとってもいい結果が出るであろうと思われています。

3.柳井氏は「世襲はしない」と過去に語っていた

ファーストリテイリングの社長である柳井正氏は、これまで「(息子達の)世襲はしない」と公言してきました。

経営の世襲には、色々な批判が伴います。

親の七光りであることばかりが注目され、批判に潰されてしまうこともありえるのです。

ですが、ファーストリテイリングの場合には、息子のどちらかが経営者になることで、利益を守ったり、柳井一族が存続していくために必要なことであると言えます。

なぜかというと、柳井正氏の保有している同社の株式は22パーセントと言われていて、息子達もそれぞれ4.5パーセントの株を保有する大株主です。

なので、一族全体であわせると、30パーセントを超える株式を保有していることになります。

つまり、下手に誰かに経営を任せてしまい、万が一、ユニクロやファーストリテイリングの経営が失敗してしまったときには、柳井一族の資産が半分に減ってしまったりする場合もあるのです。

そうなってしまわないように、柳井正氏の息子達に世襲させることも必要な策なのかもしれません。
[ad#middle]

4.息子達を入社させたのは、これまでの後継者選びが失敗だったからという見方もある

柳井正氏が自分の息子を後継者にするという動きをする理由のひとつとして、過去の後継者選びの失敗があります。

柳井氏はかつて、現在のローソンの社長である玉塚元一氏を後任社長に据えたことがあります。

玉塚氏はサラリーマンの社長としてはとても有能でありました。
ですが、柳井氏は安定したサラリーマンや公務員のような会社経営を嫌い、どれだけ革新的なことが出来るか、どれだけチャレンジして利益をあげることができるか、ということに重きを置いています。

玉塚氏は、安定を目指した経営をしていたので、柳井氏の考えとは合わず、わずか3年で玉塚氏を更迭してしまいました。

柳井氏は、一種の天才実業家であり、一般の安定を求める会社社員や社長には理解しがたい部分があるのです。

とはいえ、2人の息子達は、その父親の姿を見てきているので、能力を引き継ぎ同じような経営が出来るだろうという予測も立てられるのです。

柳井正氏が理想とする経営を続けていくためには、息子たちに経営を任せることが一番であると考えることが出来るのです。

5.ファーストリテイリングの拡大のためにも、柳井正氏の息子達の世襲は必要である

柳井正氏は過去に世襲はしないと言っていましたが、現実問題として柳井氏の経営を引き継げるのは息子しかいないだろうと思う人も多いのです。

ユニクロを世界展開するファーストリテイリングは、これからもさらに世界規模での事業を進めていこうとしています。

そのためには、保守的な経営をする人物ではなく、柳井氏の様な革新的な経営が出来るような人物が社長や会長に就任する必要があるのです。

そもそも、柳井一族と言うのは、ファーストリテイリングの経営資金に大きく影響しています。

ですから、下手に世襲をさせないでおいて、経営に失敗してしまうようなことがあれば、資産が減ってしまい困るのは柳井一族です。

一般的な世襲というのは「息子可愛さにコネで役職に」という考え方が元になっている場合がありますが、ファーストリテイリングや柳井氏の場合には、自身の資金を守るためにも、息子達に経営を譲ることを考える方が望ましいのです。
[ad#afterpost-1]

ユニクロ社長柳井正の息子に関する5つの話

柳井正氏はまだまだ第一線から退くような年齢ではありませんが、息子達に経営を引き継ぐ時間を考慮すれば、そんなに時間はないといえるでしょう。

柳井氏の経営を間近で見ていた息子たちだからこそ出来る経営もあるので、世襲と言うだけで反対してしまうのは、いささか早計なのかもしれません。

1.柳井正の息子、長男の一海氏は現在ファーストリテイリングの子会社会長となっている
2.次男の康治氏もユニクロに入社している
3.柳井氏は「世襲はしない」と過去に語っていた
4.息子達を入社させたのは、これまでの後継者選びが失敗だったからという見方もある
5.ファーストリテイリングの拡大のためにも、柳井正氏の息子達の世襲は必要である