2020年東京オリンピック・パラリンピック開催によって多くの経済効果といったメリットが話題を集めています。

しかし、本当に良いことばかりなのでしょうか。

自国で行われる大きな大会なのですから、デメリットの可能性についても知っておきたいですね。

[ad#money-1]

1.大会終了後の施設売却に不安が残る

2020年東京オリンピック・パラリンピックについて考える前に思い出して頂きたいのは当時の長野オリンピックです。

当時、大会を開催するために大きな施設がいくつも建設されました。では、今その施設は一体どうなっているのでしょうか。

例えば、通常のスタジアムや体育館であれば貸し出す機会も増えますので有効的に利用する事が出来ます。

しかし、ジャンプ台やボブスレー・リュージュのコースでは利用する方というのは非常に限られてしまいます。

長野オリンピックが終わった後というのはこれらの施設にたくさんの観光客が訪れました。

オリンピックを見に来る事が出来なかった方々が長野観光のついでに立ち寄る、という事が多かったそうです。

しかし、これらの施設というのはあくまで大会の記憶といったものであり、見に来る度に姿を変えるものではありません。

例えば、元々ウインタースポーツが好きで長野オリンピックの感動を今も覚えているという方であれば何度でも訪れたい場所でしょう。

しかし、それは残念ながら一般的な考えではないのです。そのため、どうしても赤字を抱えてしまっています。

東京オリンピックの場合は、建設後施設が売却される事になっています。

しかし、購入されなかった場合は少々頭を抱える展開になってしまいますね。

東京という立地もあり長野の二の舞になる可能性はほぼ無いでしょうが、そういった可能性も一部秘めているという事です。

2.東京オリンピック開催による治安の悪化が懸念される

2020年東京オリンピック・パラリンピックでは治安の悪化も懸念されています。

外国人窃盗団が訪れる危険性もありますし、

何よりその危険性が問題視されているのはデモの存在です。

近年、非常にデモが増えましたし、その過激さも増しています。

テレビでは報道されないものの、大規模なデモが開催されたり敵対する団体とのトラブルも確認されているのです。

そういった状況が東京オリンピックに対して何か悪影響を及ぼす事にならないか心配されています。

多くの団体はオリンピックの開催を心から喜んでいますが、そういった団体ばかりではありません。

日本は治安の良い国ですし、警察の能力も非常に高いです。

そのため、他の国よりも危険性が少ないとは言われていますが全く不安が無いわけではないのです。
[ad#middle]

3.労働力が東京オリンピックに集中する

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催によるデメリットには、労働力が東京に集中してしまうというものがあります。

実際にオリンピックが開催されれば東京では大きな雇用のチャンスが生まれます。

これによって働く事が出来る方も一時的ではあるものの爆発的に増加する事になります。

しかし、それはほとんどが東京の話だという事です。

例えば、北海道や沖縄からも働きに来る方はいらっしゃいます。

しかし、中には今住んでいる地域を離れられない方もいるのです。

そこで発生するのは事情で東京では働けない、という事だけではありません。

特に、東北では現在も復興が進められています。

もちろん、機械だけで復興作業を進めるという事は出来ません。

そこで多くの労働力が東北で復興を進めている状態なのですが、彼らも東京に行ってしまう可能性だってあります。

何にしろ、労働力が東京に集中してしまう可能性があるのです。

4.東京オリンピックの経済効果は現実となるのか不安が残る

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催によってどれだけの経済効果が得られるのかという話は

既にさまざまなところで聞かれますのでここでは割愛させて頂きます。

その大きな経済効果というのは非常に魅力的ですね。

しかし、それはあくまで仮定の話だという事です。

実際にはそれを下回ってしまう可能性もあります。

もちろん、圧倒的に大きな差というのは現在ではあまり考えられなくなってきているそうですが、

それでも心配になってしまう方も多いでしょう。

得られる経済効果というのは非常に魅力的であるが、

それはあくまで仮定の話だという事をしっかりと理解しておかなければいけないですね。

5.災害による東京オリンピックへの影響が懸念される

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催によるデメリットについて、最後に懸念されているのはやはり災害に対する問題です。

オリンピック招致のスピーチで、安部首相はしっかりとこの事にも説明されていました。

実際に近隣国に比べて東京はそこまで放射線濃度が高いというわけではないのです。

しかし、自然災害というのはいつ起こるかわかりません。

特に、今は首都直下型地震の危険性が叫ばれています。

オリンピック開催直前になって東京を大きな地震が襲ってしまったらと考えるとやはり気になりますよね。

デメリットというのは見当たらない、と実際に専門家の方が話す通りです。

どこに国でもあり得る話ですし、デメリットがあるという事はメリットも存在しています。

逆に、デメリット無しにメリットだけを得ろうというのもおかしな話ですよね。

それよりも、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催を誇りに思いたいものです。
[ad#afterpost-1]

2020年東京オリンピックで考えておくべき5つのデメリットとは?

1.大会終了後の施設売却に不安が残る
2.東京オリンピック開催による治安の悪化が懸念される
3.労働力が東京オリンピックに集中する
4.東京オリンピックの経済効果は現実となるのか不安が残る
5.災害による東京オリンピックへの影響が懸念される