お金の管理の方法を若いうちに身につけておくことは、将来に貧乏生活をしないためにも必要なことです。

お金の管理にも様々な方法があります。
1つでも身につけておけば、将来のために貯金をしておくことや、生活が苦しくなることを避けることも出来ます。
でも、複数の方法を実践すれば、もっと簡単にお金をふやすことも出来ます。
若いうちにお金の管理を身につけて、将来に備えておきましょう。

[ad#money-1]

1.お金の管理は家計簿をつけることから始める

お金の管理をするなら、まずは家計簿をつけることから始めてみましょう。
家計簿は、最も簡単にできるお金管理の方法です。
100円で売っている家計簿でも、家計簿のアプリでも構いません。
「収入」「支出」「残りの額」「貯金の額」が記入できるものであれば、何でも構いません。
給料を貰ったら、まず最初に「収入」を記入します。
そして光熱費などの固定費を支払った残りの金額を出しておきます。
あとは、その中から1日に何にどのくらい使ったのかを記入していきます。
分かりやすくレシートなどを貼り付けておくのもいいでしょう。
1ヶ月のうち、どのくらいの支出があるのかを把握しておくことは、貯金をしたり節約をするためにも必要なことです。
お金の管理を始めるなら、まずは家計簿から始めてみましょう。

2.口座を分けてお金の管理をする

口座を分けてお金の管理をすると、とても簡単にお金を管理することができます。
口座は3つに分けておきます。
「収入が入る、引き落としがある口座」「生活費用口座」「貯金用口座」の3つです。
収入が入る口座と、引き落としがかかる口座は同じで構いません。
給料が振り込まれたら、引き落としの金額を除いて引き出してしまいましょう。
そして、振り込まれる、引き落としがある口座からは、もう引き出したりはしません。
引き出した中から、生活費と貯金の金額を決めます。
そして、貯金の口座に入金をしたら、貯金の口座からも引き出しません。
1ヶ月間、生活費用の口座だけで生活をします。
使わない口座のカードは、持ち歩かなければ使うことはありません。
口座を分けることは、慣れないうちのお金の管理に有効な方法です。

3.出費を抑える努力をしてみる

出費を抑える努力も、お金の管理の1つです。
あれも欲しい、これも欲しい!という気持ちは分かります。
1ヶ月間頑張って働いてきたご褒美に、自分を甘やかしたい気持ちも分かります。
でも、その出費は、無駄なものではないですか?
何かを購入する前に一瞬で良いので、立ち止まって「本当に必要かどうか」を考えてみてください。
「今は必要じゃない」ものは、買わなくてもいいです。
「代用できるものがある」ものは、買わなくてもいいです。
無駄遣いを減らすこと、出費を減らすことも、お金の管理の中の1つです。
浪費家になってしまうと、将来の貧乏生活が待っているかもしれませんよ。

4.お金の管理を身につけるなら、最初に貯金をしてしまう

最初に貯金をしてしまうことは、正しいお金の管理の方法です。
「残ったら貯金」というのは、「残らなかったら貯金ゼロ」です。
つまり、貯金が出来ない言い訳になってしまうのです。
だったら、最初から貯金をしておくことで、確実に貯金をする習慣を身につけましょう。
もし自分で貯金をするのが困難な場合には、給料から天引きで貯金をすることもできます。
定期預金を利用することも出来ます。
最初に貯金をしてしまうこと、そしてその貯金を使わないことが、お金の管理なのです。
[ad#middle]

5.決められた予算内で生活をして、お金の管理をする

給料を貰ったら、予算を決めて生活をすることで、お金の管理の方法が身につきます。
払うものを払って、残りは全部使ってしまおう!では、いつまで経っても貯金はできません。
払うものを払って、貯金をして、残りが生活費であるという予算の感覚を身につけましょう。
国でも地方でも、1年の予算を決めます。
個人の場合は、1ヶ月ごとに予算を決めていくのがいいでしょう。
食費や交際費など、細かく分類して予算を決めていき、必ず貯金もしていきます。
予算を決めて生活をすることで、お金の管理が出来るようになります。
「あったらあるだけ使う」では、いつまで経ってもお金の管理は出来ません。

6.資産運用をして、お金を増やすこともお金の管理の1つである

資産運用をすることも、お金の管理の1つです。
資産運用は、貯金を利用してお金を増やすことです。
お金を増やせば、毎月使える予算も増えます。
つまり、自分の余裕を生むためにも、資産運用はしておくべきお金の管理なのです。
知識がないまま始める資産運用は、逆に損をしてしまうため、資産運用をする場合にはきちんと勉強をしてから始めましょう。
手軽に始められる資産運用方法として、NISAがあります。
税金がかからない範囲でも確実に資産運用をしてお金を増やすことが出来るので、若者にも人気がある方法です。
資産運用という、一見お金を使うことであっても、最終的に手元のお金が増える手段は、お金の管理の1つなのです。

7.お金の管理をするならクレジットカードの使い方を考える

お金の管理をするなら、クレジットカードをあまり使わないことです。
クレジットカードは、いくら使ったのかを把握しづらいものです。
なので、ついつい使いすぎてしまったり、必要ないものまで購入してしまったりすることもあります。
これでは、節約や貯金という感覚が育ちません。
クレジットカードは便利ですが、その分きちんと払っていかなくてはなりません。
払っていくのも大変で、生活費として決めた予算をオーバーしてしまうかもしれません。
使った金額がきちんと分かる手段で決済をして、クレジットカードはなるべく使わないようにしましょう。
[ad#afterpost-1]

若いうちに身につけたい!お金管理の7つのポイント

1.お金の管理は家計簿をつけることから始める
2.口座を分けてお金の管理をする
3.出費を抑える努力をしてみる
4.お金の管理を身につけるなら、最初に貯金をしてしまう
5.決められた予算内で生活をして、お金の管理をする
6.資産運用をして、お金を増やすこともお金の管理の1つである
7.お金の管理をするならクレジットカードの使い方を考える

お金の管理

お金の管理を若いうちから覚えておくことは、将来的にも大切なことです。
お金の管理を覚えれば、無駄遣いをせずに確実に貯金をすることが出来ます。
若いうちに覚えれば、結婚式前に焦ったりすることもありません。
将来のことを考えるなら、まずはお金の管理を身につけることが必要なのです。