2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催される事が決まりました。

そこで気になるのは経済的な影響です。

どのようなメリット・デメリットが出るかによって、投資や資産運用のチャンスとして活かす事が出来ます。

それを踏まえ、今回は経済的な影響のうちメリットとデメリットに分けてわかりやすくご説明させて頂きます。

[ad#money-1]

1.オリンピック開催国としての信頼を得る

どうして各国がオリンピック開催国に名乗りを上げるのでしょうか。

そこには、様々なメリットが存在しているからです。

例えば、開催都市に選ばれれば、注目度も一気に上がります。

経済効果はもちろんの事、国としての権力を誇る事も出来るのです。

そこで登場するのがIOC招致委員です。

彼らにアピールする為に各国は力を注いでいます。

それだけ目の厳しい彼らを納得させる事が出来るというだけでも国としてのレベルが上がると考えられています。

オリンピックは世界的な祭典です。

それだけ注目されているのですから、開催国は信頼が無いと出来ないのです。

そこで、一気に国としての信頼が高まるというメリットがあります。

実際に信頼されていると、国の価値が上がります。

様々な面で有利になるのです。それは、経済的な面でも同じ事が言えます。

これは、一般企業でも同じ事が言えます。

信頼出来る企業とそうでない企業、どちらに仕事を発注するのかという点を考えると明確ですね。

このように、信頼が大きな経済の動きの根本となる事もあるのです。

2.オリンピックの一時的効果も含め雇用が増加する

オリンピックによる大きな経済効果といえば、やはり雇用の増加と拡大です。

これは、もちろんオリンピックが終わってしまえば収束していく場合もあります。

しかし、その後も雇用が続くケースも多くあるのです。

また、一時的とはいえ多くの雇用を増やす事が出来るというのは大きなメリットなのです。

例えば、ロンドンオリンピックでも同様の効果が出ました。

小さな家や古くなってしまった工場ばかりが多く立ち並ぶエリアを改造したのです。

そして、そのエリアに大規模な競技場を建設したのです。

大きな競技場が出来れば近くにショッピングセンター等の商業施設も出来ます。

そして、そこに大きな雇用が生まれました。

それは、働く場所が無かった若者達を雇用する場ともなったのです。

今回は東京オリンピックということで、元々東京は雇用の多い土地ではあるのですが、更にそれが加速すると考えられています。

雇用が増えれば社会に回っていくお金も増えていきますし、結果としてうまく経済の流れを作っていく事が出来るのです。
[ad#middle]

3.東京オリンピック意外の分野への経済効果も発生する

一度生まれた経済効果は、他の面にも影響を及ぼします。

例えば、国策の中にも必ず優先すべき順番があります。

そのため、下の方の順番になってしまうとなかなか予算を獲得する事が出来ないのです。

日本は優秀な科学国家としても知られています。

よく言われている日本のイメージといえば寿司や天ぷらでしたが、実は科学の面でも優秀な成績を残しているのです。

テレビでそれらの話題を目にした事があるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、科学といっても様々な分野があり、応援する事が出来る分野というのは限られています。

しかし、国庫が安定していればそういった分野にお金を出す事も可能になり、様々な分野での更なる発展も期待出来るのです。

これは東京オリンピックから連想してしまうには問題が大きいかもしれませんが、実際に今回の招致決定によってそういった影響も出るのではないかとの説を唱える経済学者の方も多いのです。

結果として、様々な分野にお金を行き届かせる事が出来れば、結果も上がり、更なる経済効果を生むという流れを生み出すのです。

4.東京オリンピック後も続く副次的な効果が発生

最後に、オリンピックの開催によってインフラ関連等の副次的な効果が発生します。

これは、皆さん比較的イメージしやすいのではないでしょうか。

ここで考えたいのは、結論までにかかる時間なのです。

基本的に、東京という大きな都市でもインフラ関連の整備を進めていくのには、その計画を完成させるだけでも大きな労力を必要とします。

そこにどれだけ多くの時間がかかってしまうのかを想像すると、非常に大きなエネルギーです。

しかし、東京オリンピックという大きな祭典となると、急速にその計画を進めていく必要があります。

また、招致に名乗りを上げた時点で既に大まかな計画は完成しているのです。

それに伴い、インフラを整備していけばそれだけ経済に大きな流れが発生します。

また、それだけではなく今後もインフラ関連において非常に便利かつ新しい流れを生む事も出来るというメリットも存在しています。

そういったその後へ続くメリットもあるという事を忘れてはいけませんね。
[ad#afterpost-1]

2020年東京オリンピック招致による4つの経済的メリットとは?

1.オリンピック開催国としての信頼を得る
2.一時的効果も含め雇用が増加する
3.東京オリンピック意外の分野への経済効果も発生する
4.東京オリンピックオリンピック後も続く副次的な効果が発生

東京オリンピック招致

東京オリンピック招致決定は、日本に大きな喜びをもたらしました。

もちろん、中には批判的な方もいらっしゃいます。

しかし、開催が近づくほどに熱を帯びていくのは確実でしょう。

そこに生まれる経済的なメリットとデメリットをうまく活用し、大きなチャンスへと繋げていきましょう。