三木谷浩史が在日と言われてしまう5つの理由

0
3964

楽天の社長である三木谷浩史氏は、度々ネットで在日ではないかという噂が流れます。

それは時に、本人のツイッターに届くこともあるのですが、実際には噂であって、本人も否定することです。

では、三木谷浩史氏が在日と言われてしまう理由について、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.三木谷浩史氏の強引な経営手法が反感を買い、在日と言われてしまう

最近、三木谷浩史氏のツイッターで特に話題となったのは、産業協力会議での発言と、それに伴う在日という批判についてでした。

そもそも、三木谷氏の経営手法や持論については、賛否両論があるのです。

例えば、政府の産業競争力会議において、インターネット国有化論を話したことも、賛否両論分かれる結果となりました。

三木谷氏の国有化論は、都市部にwifiや無線LANを引いて、インターネットを使いやすくすることを目的としていました。

確かに、今の時代はネットがあることが当たり前になってきているので、国有化とはいかなくても、インターネット環境を整備することは大切だと思います。

とはいえ、三木谷氏をやっかむ声というのはあり、国有化に対しても「無理だ」と言う声もありました。

その中で、インターネットの迷惑行為を止めるためのID発行が目的なのではという憶測から、三木谷氏に在日なのではという質問をぶつけるものもあったのです。

三木谷浩史氏は、在日かどうかを質問されることを嫌っているので、このことに過剰に反応してしまう結果となりました。

2.「在日」と言うことで、批判をする意味がある

今のインターネットの中では、在日と言う言葉は批判的に使われています。

なので、三木谷浩史氏をそもそも支持しないという人が、批判をするために在日と言っているのではないかという意見もあるのです。

政治家や著名人で、少し人と違う言動をしたり、自分の主張を強く持っている人は、あまり一般には受け入れられません。

受け入れられたとしても、賛否両論ある中で、批判的意見が目立ってしまう可能性があるのです。

そうなってしまうと、「在日」と言う言葉一つであっても、批判になってしまいます。

気に入らなければ在日と言っておけば、ネットの中で勝手に批判が膨れていくという現状は、早々変わるものではありません。

ですが、それは言われる本人にとって、気分のいいものではないでしょう。

三木谷氏のような著名人だからといって、在日といわれても黙っていればいいのに、というのはあまりにその人の人権すら無視をしているような気がします。

スポンサーリンク