日本は、2020年東京オリンピック招致に成功し、一躍世界から注目を集めました。

一度は失敗している招致ですが、なぜ、成功したのでしょうか。
東京オリンピック招致に成功した理由について、考えていこうと思います。

スポンサーリンク


1.東日本大震災からの復興が、東京オリンピック招致に大きく関わった

東京オリンピック招致に成功した鍵は、東日本大震災からの復興でした。
日本は、2011年に東日本大震災という大きな震災を経験しました。
津波で多くの建物が流され、多くの命が犠牲になりました。
震災から数年経った今でも、被災地の復興は進まず、まっさらな大地が続いている場所もあります。
そして、震災の影響による原発事故も、日本の大きなマイナス要因でした。
招致活動のときには、これらのことが影響して、「日本への招致は無理なのでは」と思われていました。
ですが、日本の招致PRのときに、安部首相は原発事故について、真摯に向き合う姿勢を見せていました。
日本の安全性、そして東京の安全性をアピールして、その裏づけまでしっかり示したのです。
そして、オリンピックが開催されることが、被災地の復興に繋がるということもアピールできました。
被災地の人たちは、震災に負けずに頑張っています。
オリンピックを行うことで、少しでも被災地の支援につなげられたら、という思いを精一杯アピールしたのです。
その結果、東京オリンピック招致に成功したのだと思います。

2.コンパクトさのアピールで招致に成功した

東京オリンピック招致のための活動やPRでは、大会のコンパクトさをアピールしてきました。
東京オリンピックの会場は、大会で使用される会場のほとんどを、選手村から半径8キロメートル以内に設置する計画です。
他の国では、選手村から会場までの距離が遠く、交通面での不安が残っていました。
ですが東京オリンピックは半径8キロ以内にほとんどの会場が揃っており、また、交通事情もインフラを整備することで、スムーズな大会運営ができることをアピールしたのです。
選手村からの移動距離が少ないということは、大会運営のしやすさだけではなく、選手にとってもプラスに働きます。
移動距離が長ければ、競技以外での疲れが出てしまいます。
選手が自分の競技で100パーセントの力を発揮するためには、移動での疲れを軽減しなくてはなりません。
ですから、東京オリンピックのコンパクトさというのは、選手にとってもとてもプラスになることなのです。
東京オリンピック招致でアピールしたコンパクトさは、成功の鍵の1つでした。

3.日本らしさのアピールで東京オリンピック招致を成功させた

東京オリンピック招致の活動の中で、一番印象に残っていることといえば、やはり滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」の言葉です。
日本には独自の文化として「おもてなしの精神」があります。
これは海外の人にとって、とても新鮮なことです。
例えば、電車が遅れずに駅に到着することや、細かやな気配りが当たり前に出来ることは、日本に居ると当たり前のことですが、海外では当たり前ではないのです。
その「おもてなしの精神」は東京オリンピック招致に大きな影響を与えました。
海外のお客様を迎えるにあたって、失礼のないような行動をすることができるのは日本だけなのです。
オリンピックでは、海外からの来賓も多く迎えることになります。
一般客だけではなく、皇族なども迎えることになるでしょう。
そのとき、日本ならではの「おもてなし」をすることは、相手に気持ちよくすごしてもらうことなのです。
東京オリンピック招致は、「おもてなしの精神」を持つことで成功したのです。

スポンサーリンク


4.1対1のロビー活動も招致に大きく貢献した

日本はロビー活動を苦手としていましたが、東京オリンピック招致では、ロビー活動に力を入れていたといわれています。
そもそも、ロビー活動とは、IOC委員に「日本でオリンピックを行うメリット」を分かってもらうための活動です。
そして、IOC委員の票を集めるための活動になります。
今まで、日本はロビー活動が苦手とされていました。
ですが、今回の招致活動では、弱点と言われたロビー活動をしっかり行い、日本の良さをアピールし、東京オリンピックを行うメリットを伝え続けてきました。
IOC委員と1対1で話し合うことができれば、より多くの良さを伝えることができるのです。
今回のロビー活動では、1対1での対話が多くありました。
そして、ロビー活動に参加したのは、東京オリンピック招致委員だけではなく、皇族も参加していたのです。
日本の総力を上げてロビー活動を行った結果が、東京オリンピック招致に繋がったのです。

5.マイナス要因が少ないことも、東京オリンピック招致成功の決め手だった

東京オリンピック招致成功の裏には、他の2つの国よりマイナス要素が少なかったことがあります。
日本にオリンピックを迎えるに当たってのマイナス要因というと、東日本大震災の影響と、原発事故の影響でした。
ですが、裏を返せばそれ以外にはマイナスの要因がなかったと言えます。
最終選考に残ったマドリードとイスタンブールには、それぞれ大きなマイナス要因がありました。
マドリードには、経済的な不安があり、オリンピック開催が出来るのかどうかという不安をIOCに残したままでした。
イスタンブールではデモが激化し、オリンピックを招致したとしても、選手や関係者、観光客の安全を守れるのかどうかという不安がありました。
経済的な不安や、治安の不安というのは、東京で行うことのマイナス要因の不安よりも大きなものでした。
そして、日本は安倍首相がマイナス要因に対する対策をしっかり打ち出し、真摯に対応したことで、原発事故などのマイナス要因も少なくすることが出来たのです。
東京オリンピック招致成功の陰には、マイナス要因の少なさもあったのです。

スポンサーリンク


2020年東京オリンピック招致に成功した5つの理由

1.東日本大震災からの復興が、東京オリンピック招致に大きく関わった
2.コンパクトさのアピールで招致に成功した
3.日本らしさのアピールで東京オリンピック招致を成功させた
4.1対1のロビー活動も招致に大きく貢献した
5.マイナス要因が少ないことも、東京オリンピック招致成功の決め手だった

2020年東京オリンピック招致

2020年東京オリンピック招致に成功した理由を5つ挙げました。
これ以外にも、東京でオリンピックを行うメリットはたくさんあります。
東京オリンピック招致に成功した暁には、やはり、大会そのものも成功させることが大切になるのです。