柳井正氏には、ネット上で在日ではないかという噂が流れています。

その真偽のほどは確かではありませんが、在日と呼ばれる理由は必ずあるのです。

では、柳井正氏はどうして在日といわれてしまうのか、考えていこうと思います。

スポンサーリンク


1.中国との関係悪化後も進出をやめなかった

現在、日中関係が悪化しているにも拘らず、柳井正氏は中国への進出をやめないことが在日といわれてしまう理由になっています。

柳井氏は「中国手の出店を減らすことはない」と明言しています。

ですが、日中の関係悪化によって、中国では日系企業が襲われてしまうという事態も発生しているのです。

それでも柳井氏は中国への進出をやめようとはしません。

その理由と言うのがはっきり分からないために、「在日だから」というありきたりな理由で括られてしまうのです。

経営者として、会社や企業を大きくしていく過程をブレないようにするためには、当初に定めた目標などを確実にクリアしていく必要があります。

ですが、それは社会情勢などを総合的に判断した上で、行うべき決断であると思います。

日中関係が悪化している中で、柳井氏が強引に中国への進出を進めていこうとするように見える動きというのは、柳井正氏自身が中国となんらかの関係、つまり、在日であるのではないかという憶測を呼んでしまうのです。

2.中国を捨てられないからである

柳井正氏は、「中国を捨てれば日本の衰退が早まる」と言っているので、実は在日なのではないかという噂が囁かれているのです。

柳井氏は近年になって、控えてきた政治的な発言が多くなってきました。

その意図はどうなのか、ということがネット上で話題になり、実は在日なのではという憶測に繋がったのです。

また、現在はユニクロの国内市場と言うものが低迷しています。

ですから、積極的に海外市場を開拓していって、海外での売り上げを伸ばしていきたいという狙いもあるのかもしれません。

海外市場において、一番重要なポイントになるのは中国です。

人口も多く急速な発展がみられる中国の市場をつかむことは、飛躍的な売り上げ増加を見込むことが出来る、と言う見方も出来ます。

ですが、それと「中国を捨てたら日本が衰退する」というのは別の話です。

元来、日本はものづくり国家として確実に生き残ってきました。

ですから、必ず生き残る道はあるのです。

柳井正氏の中国を捨てられないという発言から、実は在日なのでは、という憶測に繋がってしまったのです。

3.日本を捨てたからである

柳井正は日本を捨てたから、在日なのではないかという憶測もあります。

近年、尖閣諸島の問題が浮上し始め、中国では反日デモなどが行われるようになりました。

その反日デモの際、中国のユニクロのショーウィンドウには「尖閣諸島は中国の領土です」と言う意味の言葉が書かれ、ユニクロは日本を捨てたのではないか、と噂になっているのです。

その噂が、柳井氏が在日だから、中国に寝返ったのでは、と言う飛躍の仕方をしているのです。

柳井氏は後日、「中国からそうしておくように言われた」という趣旨の発言をしていますが、この発言の真偽の程は確かではありません。

確かに、中国で起きた反日デモの影響を受けないようにするためには、そのような方法を取った方が良かったのかもしれません。

とはいえ、ユニクロは日本の企業なので、日本国の発言にそむくような行為は慎むべきだったのではないかと考えます。

こういった事情があったために、かねてから在日かと噂されていた柳井正氏の疑惑が、さらに深まったのかもしれません。

スポンサーリンク


4.社員の8割を韓国・中国などの外国人にする

柳井正氏が過去に発言した「社員の8割を中国・韓国などの外国人にする」という言葉が、柳井氏の在日疑惑を深めているのも事実です。

現在、日本国内においても就職率というのは、あまりいいものではありません。
大学を卒業しても正社員雇用になれず、非正規職員、非正規雇用というものが増え続けています。

その現状は、ユニクロのトップである柳井氏も十分に分かっているはずです。

ですが、柳井氏は「中国・韓国などの外国人の社員を増やす」と言うような発言をしています。

中国や韓国では、定職に就けない人もたくさんいます。

ですが、それは日本も同じです。

日本の企業であるならば、まずは自国の雇用の促進を図るべきなのでは、というのが一般的な意見なのです。

そこに柳井氏の発言があったので、「韓国などの雇用を増やしたいのは、在日であるからだ」という憶測が広がりつつあるのです。

海外に進出していても、日本の企業であるなら、まずは日本の雇用を促進すべき、という人はたくさんいます。

柳井正氏が在日だと言われてしまうのは、日本より中国や韓国に重きを置いているからなのかもしれません。

5.「尖閣諸島の主張などは排すべき」

ユニクロの柳井正氏は、過去に「尖閣諸島の主張など偏狭な愛国心排すべき」と発言し、それ以来、在日ではないかと噂されています。

まず、尖閣諸島の問題は、日本と中国の間で現在も火種になってしまっている事柄です。

日本の意見としては、「わが国固有の領土である以上、中国が侵入することは違法である」という姿勢をとっています。

これは中国側としても同じで「中国の領土であるから、日本は返還すべき」という主張を繰り返しています。

日本の企業であり、世界的な進出を遂げているユニクロの社長である柳井氏の発言力というものは、とても大きな力を持っています。

それゆえに、真意の程はさておき「尖閣諸島の主張など、愛国心排すべき」などという発言をしてしまえば、それは中国側にとって大きなプラスになってしまう発言になるのです。

中国に味方する理由は、柳井正氏がやはり在日だからなのではないか、という憶測にも繋がってしまうのです。

スポンサーリンク


柳井正氏が在日と言われる5つの理由「過去の発言から見えてくるもの」

柳井正氏が在日だと噂されてしまう理由は、その発言や行動にありました。
発言力の大きな人がそのような発言をしてしまうのは、やはり、不用意なのだと思います。
これからも、在日なのではと思われる発言は、柳井正氏の中から飛び出してくるのだと思います。
1.中国との関係悪化後も進出をやめなかった
2.中国を捨てられないからである
3.日本を捨てたからである
4.社員の8割を韓国・中国などの外国人にする
5.「尖閣諸島の主張などは排すべき」