2020年東京オリンピック開催で日本が得られる5つのメリット

0
332

4.新たな雇用を誘発する

2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催するにあたり、どれだけの人材が必要となるのでしょうか。

基本的に、大会の運営に関するものに関してはボランティアの募集が始まりますのでそこで採用されたボランティアの方々が行う事になります。

しかし、もちろんこれらの人間だけでは全く足りないのです。

例えば、会場周辺の飲食店はどうなるでしょうか。

スポンサーリンク



どう考えても通常の従業員だけでは対応しきれない事が簡単に予想出来ます。

そこで、募集をかける事になりますね。

そういった店がどれだけあるのかを考えると、大きな雇用が誘発出来るというのも頷ける結果となります。

他に交通機関や観光施設はもちろん、規模によってはそれらの会社の取引先も新しい雇用を生みます。

もちろん一時的な雇用ではあるもののその効果は莫大です。

そして、中には継続雇用が見込める場合もあるでしょう。

5.東京オリンピックによって環境が整備される

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催によって環境の整備が進む事になります。

これはどこのオリンピック開催国でも同様ですが、メインスタジアムの建設はもちろんの事周辺の道路環境も全て整備される形になります。

日本の場合は既にある施設を利用するケースが多いため費用はかかりにくいのですが、それでもしっかり環境を整える必要があるのです。

そして、整備された環境というのは東京オリンピックが終わったからといって元の状態に戻されるわけではありません。

大規模道路によって渋滞の軽減など、さまざまな効果があるでしょう。これもまたオリンピック開催による嬉しいメリットの1つなのです。

スポンサーリンク


2020年東京オリンピック開催で日本が得られる5つのメリット

自国でのオリンピック開催。スポーツファンのみならず、心躍らされますね。そして、もちろんそこにはメリットも存在しています。

2020年まで長いように思えますが、あっという間ですね。

それまでに東京オリンピック・パラリンピックの知識を身に付けてもっと大会を楽しみましょう。

1.東京オリンピックによって権威を示す
2.東京オリンピックで国民の気力向上が見込める
3.大きな経済効果が見込める
4.新たな雇用を誘発する
5.東京オリンピックによって環境が整備される