2020年東京オリンピックに改善が必要な交通機関5つのポイント

0
2159

4.東京オリンピックまでに細かな情報を取り入れる必要がある

2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに、更に交通関係の情報を鮮明にする事が求められています。

例えば、同じ駅に行くまでに乗り換えによっては時間をかなり短くさせる事が出来ますし、節約する事が出来ます。

スポンサーリンク



そういった細かな情報が足りないのではと問題視されています。

私達日本人であっても当たり前のように把握している方というのは限られています。

そこで、確実に結果を出すには駅員に聞いたり、乗り換えアプリを使用している方が多いですね。

しかし、外国人の方であれば言語の問題もありますので、やはり外国人の方向けに詳しいガイドブックが必要だと言われています。

例えば、安い路線はどこなのか、人気のある駅に行くには大体どのくらいの運賃がかかるようになっているのか、そういったガイドブックが出ればより交通は楽になるでしょう。

しかし、まだまだ準備段階ですので東京オリンピック・パラリンピック中に交通機関に何か規制がかかったりするのかなど、早い情報公開が求められています。

5.わかりやすい路線図が求められている

2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに路線図の改善も求められています。

ある程度の都市部になれば路線図も非常に細かくなります。東京となると、それがまるで毛細血管のようになってしまいます。

路線が増えてしまった事により、色分けはされているものの余計に見難くなってしまったという意見も多く、路線図に関しては以前から改善すべきだという声も多かったのです。

そして、東京オリンピック・パラリンピックをきっかけにそれが現実的な話として進んでいくのではないかと言われています。

路線図が改善されれば外国人の方々だけではなく、日本人にとっても非常に便利になりますね。

スポンサーリンク


2020年東京オリンピックに改善が必要な交通機関5つのポイント

1.東京オリンピック期間内の運賃に問題がある
2.多言語に対応する必要がある
3.東京オリンピックまでにバスの導入も期待されている
4.東京オリンピックまでに細かな情報を取り入れる必要がある
5.わかりやすい路線図が求められている

2020年東京オリンピック

交通の事情というのは常に問題になりがちです。

しかし、どうしても大規模な改善が必要になってしまうため、なかなか動けないという問題があります。

それは、2020年東京オリンピック・パラリンピックによって進行するのではないかと期待されています。