金運アップには財布フリフリ!満月のときに出来る15のおまじない

0
495

15.知っていると便利!六曜の意味

大安吉日や仏滅などの日はカレンダーを見ると書かれています。

結婚式やお祝いごとをするときには、日程を選ぶ時に参考にしていますよね。

これらの日は、昔から使用されてきたい暦注の一つで、六曜と呼ばれています。

スポンサーリンク



六曜には、大安・仏滅・先負・赤口・友引・先勝の6つがあります。

一般的には冠婚葬祭の時に注意をして使用されていますが、それぞれの日には異なる意味があり、縁起担ぎや運気を上昇させるためにも大切です。

六曜は中国から伝わったといわれていますが、現在の中国ではそれほど六曜を重視しない方も多いようです。

日本も同様に大切なイベント以外ではそれほど大安や仏滅などを注意することが少なくなってきましたが、だからこそ自分の運気アップには注意したいのです。

特に大安吉日は、新しいことを始める日としてお馴染みですが、吉をもたらす為に金運にも大きな影響を与えています。

大安の日を選んでパワースポットに行くとさらに効果があるとも言われていますが、実際には神社と六曜には関係が無いようです。

いつでも好きな時にお参り行くことが大切なのでしょうね。

大安や仏滅はいろいろなイベントの日取りを決める際に使用されていますが、大切なことは自分の願いを叶えるためには気持ちを前向きにして常に願うことです。

特に金運はお金がたくさん舞い込んだ時のことを想像して、実際に金持ちになった気分で生活をしてみましょう。

プラスの運気を引き寄せるには、そんなプラス思考でいることも大切ですからね。

大安の日を活用してさらに幸運が訪れる生活を送ってみましょう。

スポンサーリンク


金運アップするには心がけが大切

満月や大安など、運気が上昇する日を活用してさらに金運アップになることをはじめてみましょう。

必ず効果があると信じることがポイントですよ。

毎日の生活の中でちょっとした点に注意すればさらに金運が上昇するかもしれません。

どんな方法でもまずはやってみないと効果があるかどうかわかりませんよね。

幸運が引き寄せられる日を活用してさらなる金運アップを願ってみましょう。