お金持ちがしていることと貧乏な人がしていることの4つの違い

0
495

3.時間の無駄遣いもお金の無駄遣いと同じである

お金持ちの人は、自分の稼ぎ方や貯金の仕方、資産運用の仕方などを話してくれることが多いのです。

お金持ち同士の話を聞いてみると、具体的な金額が出る、お金の生々しい話を聞くことが出来るでしょう。

スポンサーリンク



こういった話が出来るのは、お金持ちの人が自分のお金を把握し、敏感でいるからなのです。

資産運用の仕方や貯金の仕方を話すためには、自分の持っている資産などについて、きちんと把握しておかなければいけません。

きちんと把握できているからこそ、お互いの情報交換として、お金の話を堂々とすることが出来るのです。

貧乏な人は、貧乏がバレたくないという意識もありますが、自分のお金を把握できていないから、そういった話ができないという傾向があります。

きちんと自分の資産を把握して、お金の話を出来る人は、お金持ちになれる人なのかもしれません。

4.お金持ちほど質素倹約を心がけている

さて、お金持ちの人と聞くと、どんな人を想像するでしょうか?

キラキラの宝石をたくさん持っていて、ブランド物の服を着て、高級車に乗っているような、あからさまにお金持ちだと分かる人でしょうか?

実際のお金持ちというのは、質素倹約を心がけていることが多いのです。

例えば、スーツを買うとしたら、長く使えるようにいいものを少しだけ買います。

たくさんのスーツは要らないので、少しだけ買って、それらを長く使い続けることが多いのです。

お金と言うのは、使えば使うだけなくなってしまうものです。

もちろん、お金を使うのは良いことですが、どんな使い方をしても良いというわけではないのです。

日常的に質素倹約が出来ている人は、お金を貯金していくことも簡単にできます。

お金持ちの人がしている質素倹約は、貧乏暮らしではなく、必要なところに必要な分だけお金をかけるという質素倹約なのです。

スポンサーリンク


お金持ちがしていることと貧乏な人がしていることの4つの違い

1.お金持ちは掛け算でお金を稼ぐ
2.貧乏な人は見栄のためにお金を使う
3.時間の無駄遣いもお金の無駄遣いと同じである
4.お金持ちほど質素倹約を心がけている

お金持ちと貧乏人

お金持ちの人は、お金持ちになれるだけの考え方をしています。

逆に言えば、貧乏な人であっても、お金持ちになるための考え方をすれば、お金持ちになれる可能性があるということです。

お金持ちになりたい人は、まず、考え方から変えていってみるといいかもしれませんね。