起業が失敗してしまう3つのパターン「借金だけが残ってしまうのはなぜか?」

0
87

3.もう一度起業してみる

起業に失敗してしまっても、もう一度頑張ろうとする人も居ます。

例えば、起業をして生活をしていくことが難しく、一度はビジネスを辞めたとしても、数年後にもう一度チャレンジすることもあるのです。

スポンサーリンク



起業をするビジネスというのは、そのときの流行などによって、売上が変わってきてしまうものばかりです。

ネットビジネスひとつ取ったとしても、流行り廃りが激しいものです。

ですから、起業をしてすぐは稼げていても、その後稼げなくなって、廃業に追い込まれてしまう人は少なくありません。

ですが、その経験を踏まえて、長く続くビジネスを見つけられたとしたら、もう一度起業するチャンスはあるのです。

起業をすることは、とても簡単です。

税務署に行って届出を提出してくればいいだけなので、誰にでも、何度でも出来ます。

特別な審査もなく、一度失敗しているからといって、出来ないことでもありません。

ですが、起業に失敗してしまった経験があると、もう一度失敗してしまうのではないかという怖さから、もう一度チャレンジしてみようと思う人は少ないのです。

でも、失敗というのは、経験になり、その後、失敗しないための方法を知ることもできます。

ですから、一度失敗してしまったからといって、簡単に諦めてしまうのは良くないかもしれません。

本当にやりたい仕事であれば、一度失敗してしまっても、もう一度やり直すことで、今度は成功がつかめるかもしれません。

失敗してももう一度起業をする人は、成功をつかみたいと思っている人なのです。

スポンサーリンク


起業が失敗してしまう3つのパターン「借金だけが残ってしまうのはなぜか?」

1.借金を抱えてしまう
2.社員として再就職をする
3.もう一度起業してみる

起業が失敗

起業に失敗した人は、ほとんどの人がこの3つの道のどれかを進むと言われています。

どれも険しい道になりますが、起業をすることは、たとえ失敗してしまっても、とても勉強になることです。

起業をするときには、失敗した後の事も考えておくことが大切なのかもしれません。