結婚をしたあと、お金がない生活を送らないようにするための方法というのは、あまり知られていません。

ですが、夫婦になったときにはお金の面で苦労することが多くなることも事実です。

では、家計とお金に関するルールを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.子供は早めに作ること

まず、結婚をしたら子供は早めに作ることが大切だといわれています。

結婚をしたばかりのころは「夫婦ふたりの時間を楽しみたい」と思っている人も多いでしょう。

また、貯金をするために子供はちょっと待ってよう、と話し合っている人もいると思います。

最近は晩婚化が進んでいるといわれているので、なかなか早く結婚する人がいません。

30歳で結婚をしたとして、すぐに子供が出来たとしたら、50歳を迎えるときに子供が20歳になります。

大学まで行ったとしても52歳なので、まだ現役で働いている頃でしょう。

とはいえ、大学を卒業して子供に手がかからなくなってから現役ではなくなるまでには8年だけなので、この間に老後の貯金をしていくことになります。

35歳で子供を作ったら、子供が大学を卒業するときには57歳です。

定年まで時間がなくなってしまうので、生活に余裕を持てなくなってしまいます。

子供を早めに作るというのは、その後の生活に余裕を持つためにも必要なことなのです。

2.共働きは必須

共働きをしないで、専業主婦になりたいと思う人が多い時代です。

専業主婦は勝ち組という風潮があるので、仕方のないことかもしれません。

とはいえ、共働きをしている家庭と、夫だけが働いている家庭では、お金の余裕が違ってきます。

夫婦が二人とも収入がある場合、どちらかの収入で暮らせるようになれば、どちらかの収入はそのまま貯金に当てることが出来ます。

ちょっと贅沢な生活をしていたとしても、確実に貯金をしていくことが出来るでしょう。

子供が出来たことをきっかけに専業主婦になったとしても、生活水準を落とさなければすぐに生活が立ち行かなくなってしまいます。

こうなってしまってから仕事を探そうとしても、あまり良い仕事に出会えないことも多いのです。

だったら、まずは結婚しても共働きにして、産休や育児休暇をとりながら仕事を続けることが一番なのかもしれません。

スポンサーリンク


3.正社員であることが大切

夫婦共働きといっても、なかなか正社員の夫と正社員の妻という組み合わせはないかもしれません。

子供がいたり、家事があったりする主婦は、パートやアルバイトの人が多いのです。

なにより、正社員になると負担も大きくなるので、会社にとっての不都合である場合もあるし、夫や家族にとっての不都合になる場合も多いのです。

とはいえ、正社員のほうがパートやアルバイトよりも安心なことは確実です。

正社員であれば各種保険が適用されますし、もらえる年金も厚生年金になります。

国民年金よりも厚生年金の方が金額が多いので、厚生年金に加入できる正社員に妻もなっておくべきでしょう。

保険料が高いといわれても、その分将来が安泰になるのですから安いものだと思いましょう。

最近は、女性でも正社員として働きやすい環境が整ってきました。

夫の家事協力を得て、妻も正社員として働くことが望ましいでしょう。

4.お互いの財布はオープンにする

夫婦が二人で稼いでいると、役割分担が出来ていることがあります。

家賃光熱費は夫で、食費や交際費は妻、残った分は自分のお小遣いとなっている家庭も多いのではないでしょうか?

でも、それだと相手がどのくらいお金を稼いでいて、毎月どのくらい使っているのか分からなくなりやすいのです。

夫婦になる以上、お互いの使う金額は知っておくべきですし、お財布はオープンにしておくべきです。

もし役割分担が出来てしまっている家庭なら、お互いに家計簿をつけて見せ合ったり、週に1回話し合ってみたりすることが望ましいといえます。

役割分担が出来ていないときには、お互いの給料を「家計に入ってくるお金」としてひとつのものとして扱います。

そして、その中から家賃や光熱費などを支払って、お互いにお小遣い制にすることで、お互いの収支を把握することが出来るようになるのです。

5.老後のイメージを共有する

夫婦になったら、老後の事までしっかり考えておく必要があります。

若い世代の人はあまり考えないかもしれませんが、予想以上に老後というのはお金がかかります。

なので、お金の計算をする上でも、老後のプランを考えておくべきなのです。

例えば、持ち家でのんびり暮らしたいという希望があるとか、夫婦で毎月1回は旅行に行きたいという希望があるとか、そういう程度のものでいいのです。

そして、そのプランにはどのくらいのお金が必要で、毎月どのくらいの金額が必要になるのか、何年くらいその金額が必要になるのかを考えてみましょう。

余裕を持った生活をするためには、老後には何千万のお金が必要といわれています。

そんな中で、今、貯金がない状態でいるのであれば、お金がない老後になってしまうこともあるでしょう。

夫婦のなかで将来のビジョンを共有することは、お金の計算をするために必要なのです。

スポンサーリンク


「お金がない生活を送らないための」お金と家計に関する5ルール

1.子供は早めに作ること
2.共働きは必須
3.正社員であることが大切
4.お互いの財布はオープンにする
5.老後のイメージを共有する

お金と家計

今紹介してきたルールというのは、どんな家庭にも当てはまることでしょう。

万が一のときの事を考えて、しっかり夫婦で話し合っていくことが大切になります。

そのときが来たら、と思わずに、普段からしっかり話し合いましょう。