貧乏生活をしている人のお金の使い方には、共通点があります。

これをしていると貧乏生活になってしまう、という法則があるのです。
お金持ちは決して、そういうお金の使い方をしません。
貧乏生活になってしまうお金の使い方の特徴を知ることで、貧乏生活に陥らないようにできるかもしれません。
今の生活を少しでも良くするために、貧乏生活にありがちなお金の使い方を知っておきましょう。貧乏生活を送っている人の特徴
貧乏生活を送っている人には、共通する特徴があります。

  • 「安いから」「皆が持っているから」という理由で買う
  • 実践できることでも、実践しない
  • 見栄の投資が多い

これらの特徴がある人は、貧乏生活に陥ってしまう可能性もあります。
では、貧乏生活に陥ってしまう人に共通するお金の使い方とは、どんなものがあるでしょうか?

[ad#money-1]

1.見栄の自己投資をしている

貧乏生活をしている人のお金の使い方には、「見栄」があることが多いです。
ブランド物のバッグや、高級エステ、新車など、今特別必要のないものばかりが手元にありませんか?
それが原因で、貧乏生活になっていませんか?
お金持ちは、見栄のために投資をしません。
見栄のための投資は、浪費と同じで無駄遣いになってしまいます。
「よく見られたい」からと言って、浪費を繰り返すような生活をしていると、いつかは貧乏生活になってしまうこともあり得るのです。

2.元手かかかって利益の少ないことをしている

貧乏生活をしている人のお金の使い方で、もっとも顕著なのは「元手がかかるのに、利益が少ないこと」をしている点です。
例えば、まだ使えるのに新しい家電を買ったり、1シーズンしか着られないような服を買ったりすることは元手がかかっても利益には繋がりません。
利益に繋がらないお金の使い方は、積もり積もれば貧乏生活への第1歩となってしまいます。
こうならないためにも、利益の見込めるお金の使い方をすることで、貧乏生活にならなくて済みます。
お財布の紐は固く、使えるものは最後まで使うようにするといいかもしれません。

3.「何気なく」は貧乏生活の引き金になるお金の使い方である

「何気なく」何かを買ってしまうのは、貧乏生活に陥る人によくあるお金の使い方です。
「安いから」「皆が持っているから」「特に必要はないけど」という理由で物を買っても、それが本当に必要なものなのかは別問題です。
本当に必要なものだけにお金を使うことが出来る人は、貧乏生活には陥りません。
余計な浪費をしている人が、必要なときにお金を使うことが出来なくて、貧乏生活に陥ってしまうのです。

4.時間も浪費している

貧乏生活をしている人は、お金の使い方を知らないだけではなく、時間も浪費しています。
お金持ちは、時間に対するお金の価値を知っています。
だから、お金の使い方も知っているのです。
貧乏生活をしている人は、暇な時間があれば遊びにお金を使ったりして、時間もお金も浪費してしまっています。
今は時間もお金も余裕があるかもしれませんが、繰り返していればいつか、お金の余裕がなくなります。
時間を浪費することは、お金も浪費していることと同じです。
時間をきちんと使えることが、お金をきちんと使うことなのかもしれないですね。
[ad#middle]

5.小さな浪費を繰り返している

小さな浪費を繰り返すお金の使い方は、やがては貧乏生活になってしまいます。
安いからと買い込んだお菓子や、セールだからと買った服は、1つ1つは小さな浪費でも、つもり積もれば大きな浪費になってしまいます。
毎日500円の浪費を繰り返せば、1年で18万円以上の浪費になってしまいます。
お金持ちは、小さな浪費をしていません。
その分、しっかりと未来に繋がるお金の使い方をしています。
貧乏生活になってしまうお金の使い方は、小さな浪費を繰り返していることにあるのかもしれません。

6.貧乏生活に陥るお金の使い方は、使うか貯めるかの2択である

貧乏生活に陥るお金の使い方は、使うか貯めるかだけです。
稼いだ分を使って、残りを貯金するのでは、効率が悪いです。
稼いだ分から天引きして貯金して、残りで生活するのは、残りを貯金するよりも少しマシな程度です。
お金持ちは、稼いだ分からいくらかを運用します。
資産運用の手段はたくさんあって、FXや株式投資、不動産投資など、多岐に渡ります。
投資をして資産運用することで、もともとのお金を増やすことが出来ます。
使うか貯めるかの2択ではなく、運用することを考えることが、貧乏生活に陥らないためのお金の使い方です。

7.目先のことばかりである

目先のことばかりに注目しているお金の使い方は、貧乏生活への1歩になってしまいます。
例えば、新車を買ったとします。
新車で買ったときにはピカピカで最新の機能も付いていて、友人知人にはもてはやされるでしょう。
でも車の価値は1年ごと、もっと言うとナンバーを取得してしまってから、どんどん落ちていきます。
そして2年後、3年後にはもっと素晴らしい機能の付いた車が発売されています。
その頃にもう一度新車を買うとしても、まだまだ走る車を手放すことになります。
これは、無駄な浪費の1つなのではないでしょうか。
「今」の価値だけでお金を使う人は、貧乏生活になりやすい人なのかもしれません。
目先のことだけではなく、未来のことを考えてお金を使っていきましょう。
[ad#afterpost-1]

貧乏生活に陥る人に共通している7のお金の使い方

1.見栄の自己投資をしている
2.元手かかかって利益の少ないことをしている
3.「何気なく」は貧乏生活の引き金になる
4.時間も浪費している
5.小さな浪費を繰り返している
6.貧乏生活で稼いだお金はの使い方は、使うか貯めるかの2択である
7.目先のことばかりである

貧乏生活

貧乏生活になりやすいお金の使い方は、浪費が多いことなのだと思います。
浪費は、小さなものから大きなものまで、様々です。
お金持ちは浪費をせず、しっかり先を見てお金を使っています。
貧乏生活に陥らないためにも、浪費をしないお金の使い方を学ぶ必要があるのですね。