貧乏生活苦を感じているときは、お金は貯まらない?

いえいえそんな事はありません。

むしろしっかり貯金をするためにあえて貧乏生活をしている方もいるくらいなのですから何の問題もありません。

ただ必要になるのは考え方や方法ではないでしょうか。

辛いと感じる方もいれば、幸福だと感じる方もいます。

今最大限の貯金をするためにも、そのポイントをしっかり抑えておきましょう。

[ad#money-1]

1.お金の把握をする

まずはお金をしっかり把握する事で、自分が本当に貧乏生活をしているのかどうか確かめていきましょう。

例えば、毎月趣味に自由にお金を使う事が出来る。

コンビニ弁当やファストフードなど、手間がかからず簡単な食事を選ぶ事が出来る。

実は、これだけでは貧乏生活とは呼べないのです。

例えば、毎月なんとなくお金が足りなくなって貧乏だと感じている方も多いのではないでしょうか。

そういう場合は、自分のお金の使い方を見直してみる事が大切です。

なぜなら、実際にはお金の使い方が少々荒く、それに気付いていないというケースが多いからなのです。

例えば、いつも最新のスマートフォンを持っていて飲み会にも出席している同僚がいたとして、彼もきっと同じようなお金の使い化やをしていると思っていませんか?もしかしたら彼はキャンペーンなどを駆使して安くスマートフォンを手に入れているのかもしれませんし、副業でお金を稼いでいるのかもしれません。

誰かと比べるのではなく、自分のお金の使い方はどうなのかを考えるのが大切ですね。

2.貧乏生活に見合った目標額を立てる

貧乏生活をしながらお金をしっかり貯めるには、今の生活に見合った目標額を立てる事も大切です。

そして、自分がどれだけ貯金が出来るのかその能力も重要になるでしょう。

例えば、今まで全く貯金の習慣が無かった、もしくはしようとしても失敗したという事であれば、本当に無理の無い程度の金額にしましょう。

毎日50円のレベルで構いません。

30日なら1,500円。

365日なら18,250円が貯められるのです。

こうやって少しずつでも貯金をするという癖さえ身につけてしまえば、後はその金額を増やすように努力をしていくだけ。

それを続けていけば、今の自分にとって最大限の貯金が出来るようになるでしょう。

あまり高くしすぎるとやる気を失ってしまうもの。

まずは自分に合っている額なのかどうか見直してみてくださいね。

3.お金を引き出さないと決める

貧乏生活中にお金が貯まらない原因の1つとして、貯金を崩してしまうという理由が考えられます。

例えば、給料日の直後には小銭を少しずつ貯めていたりする事が出来るのに、逆に直前になると小銭すらかき出すようになってしまったり。

そんな経験はありませんか?

そこで、せっかくの貯金に手を付けないという事を心に決める必要があります。

最初の内は取り出せないようなタイプの貯金箱にしても良いでしょう。

陶器の物ですと簡単に割る事が出来てしまいますので、壊すのが心苦しくなるような機械を取り入れた物がお勧めです。

もちろんやっていける自信があれば定期を組んでも良いでしょう。

どれだけ貯金をしても、それが残らなければ意味がありません。

まずは崩さない努力を、そして崩さないような生活を心がけていきましょう。
[ad#middle]

4.貧乏生活のゆとりを考える

貧乏生活の中で、どれだけお金のゆとりが出来るのかを考えるのも大切です。

もちろん先取りでの貯金という方法もあるのですが、そもそも貯金というのはあくまで生活が出来ているからこそ出来るものですよね。

例えば、毎月支払いもうまく出来ない程苦しいというのであれば、貯金よりも生活を立て直す事を考えていかなければならないでしょう。

中には転職の必要に迫られる場合もあるかと思います。

正社員の仕事が見つからないのであれば、正社員登用のある派遣を選んだり、まずは収入を増やす事を考えていきましょう。

貧乏生活という事は、もちろんゆとりはありません。

その中でどれだけゆとりが作れるかというのが貯金をしていく上で一番のポイントになります。

5.貧乏生活でお金を貯めるには理由も重要

貧乏生活でお金を貯めるには理由も重要になります。

例えば、中には結婚資金としてお金を貯めたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

このように、自分の中で貯金をする理由というのを明確にしておきましょう。

まず、貯金があれば大きなお金が必要になってしまった時にも安心です。

例えば、その筆頭は医療費でしょうか。

いつ大きな病気にかかってしまうのか、それはわかりません。

そして、そうなった時にもちろん大きなお金がかかります。

もちろん高額医療費の制度を利用したり、保険を利用する事もあります。

しかし、民間療法など保険の効かない方法を選択せざるを得ない場合もあるでしょう。

何かがあった時の為の備えとしてというのが一番多い理由かもしれません。

しかし、それだけではなく自分の中で用途が決まっているのであれば、それを明確にする事でテンションを上げていきましょう。

何故貯金をするのか、まずはそこをハッキリさせるところから始めていきましょう。

何より、貧乏生活の中でもしっかりお金を貯める事が出来た自分が、その後何をしたいのかをイメージしてみてくださいね。
[ad#afterpost-1]

貧乏生活苦でもしっかりお金を貯める!貯金が増える5つの方法

1.お金の把握をする
2.貧乏生活に見合った目標額を立てる
3.お金を引き出さないと決める
4.貧乏生活のゆとりを考える
5.貧乏生活でお金を貯めるには理由も重要である