なぜあの人はお金が貯まるのか?「しっかり貯金できる5つの考え方」

0
45

4.時間を無駄に使わない

時間を上手く使える人は、往々にしてお金を上手く使える人です。
逆に、時間を無駄にしてしまう人は、お金も浪費してしまう人です。
時間の使い方も、お金の使い方も、基本は同じです。

スポンサーリンク



「やるべきこと(支払うべきもの)の優先順位をつけて行う」というのが基本なので、時間を上手く使える人は、お金を上手く使える人ということになるのです。

例えば、都内まで行って買い物をしなければいけないときには、そのついでに都内でなければ出来ない用事も済ませてしまう人が、賢い人です。

都内まで行って買い物をしたら、それだけで帰ってきてしまって、別の日にまた都内に行って用事を済ませるという人は、これだけで交通費が倍になっています。

こういった少しの金額を切り詰めていくことで、貯金をすることが出来るようになるのです。
時間を上手く使って、何事も「ついでにやる」という習慣をつけておくことで、時間ばかりでなく、お金も節約することが出来ることを、覚えておきましょう。

5.目的をはっきりさせて貯金をする

目的がはっきりしない貯金は、長続きしません。
例えば、貯金を始めるときに「車を買うために貯金をしよう!」と考える人と、「とりあえず貯金をしよう」と考える人では、前者の方が、貯金を続けやすいのです。

漠然と貯金をしようと思っても、そのお金を何に使うのか、貯金をしてどうしたいのかと言うことを考えなければ、「お金がないから貯金はいいや」と思ってしまいやすくなるのです。
ですから、貯金を始めるときには、明確な目標を持っておくべきでしょう。

また、いくつかの目標があるときには、目的別に口座を分けておくことも大切になります。
「海外旅行用」「車購入用」「結婚資金」など、目的別の口座を持っておけば、その口座にいくら貯めれば良いのかが分かりやすくなります。

貯金をしていく上では、モチベーションが大切になるので、モチベーションを維持するための方法を考えておくことが大切です。

お金を貯められる人は、毎日毎日、コツコツと努力をしている人です。
一獲千金を夢見ているだけでは、お金を貯められるようにはなりません。

貯金が出来る人の考え方を実践していけば、いつの間にか貯金が出来るようになっているかもしれません。

スポンサーリンク


なぜあの人はお金が貯まるのか?「しっかり貯金できる5つの考え方」

1.足し算ではなく、掛け算でお金を稼ぐ
2.質素倹約を心がける
3.見栄のための自己投資はしない
4.時間を無駄に使わない
5.目的をはっきりさせて貯金をする