消費者金融との交渉を弁護士に依頼する5ポイント

0
163

消費者金融への借金が返済できなくなってしまったときなどには、弁護士に依頼して交渉してもらうこともあると思います。

返済する意思があるのであれば、そのことを貸した側に伝える必要があるからです。

では、消費者金融との交渉を弁護士に依頼するときのポイントについて紹介します。

スポンサーリンク


1.支払えない借金の債務整理は弁護士に依頼する

消費者金融からの借金がかさんでしまって支払えなくなってしまったときには、まず、弁護士に相談してみましょう。

支払えなくなった借金だとしても、借金の存在はなくなりません。

ですから、借金はどうにかして返済するなり、免責にするなりしなければいけないのです。

まず、収入があっても返済が困難な場合には、金額にもよりますが、任意整理などが行われます。

これは利息分をカットして、借り入れ元金だけを返済していく方法です。

この場合にも消費者金融側から了承を得ないといけないので、交渉が必要になるのです。

収入がなかったり、あったとしても、到底返済していける借金ではない場合には、自己破産をする必要が出てきます。

この場合にも弁護士に相談して自己破産の手続きなどを行ってもらうことができます。

支払えなくなってしまった借金というのは、どんな手段でも支払うべきお金です。

ですがそれが困難なときには、消費者金融との交渉窓口として、弁護士を依頼することをオススメします。

スポンサーリンク


2.消費者金融への過払い金請求をするなら、実績のある弁護士を選ぶ

消費者金融と弁護士が話しをするのは、支払えなくなった借金のことばかりではありません。

消費者金融に返済しすぎてしまった過払い金についての交渉も、弁護士に依頼することができるのです。

過払い金の請求は、引き直し計算をするところから弁護士などに依頼することができます。

金額が140万円以下であれば、弁護士よりも費用の安い司法書士に依頼することも可能です。

過払い金というのは、支払い終わった、または支払い中の借金に対して、過度な利息を払っていた場合に返還されるお金のことです。

過払い金があることによって借金が減額されたり、手元に払いすぎた利息が戻ってくることもあります。

消費者金融としてはあまり過払い金を支払いたくはないので、支払いの話になると条件を出すことがあります。

その条件と交渉していくのは大変なので、弁護士に任せてしまうといいでしょう。

弁護士などに依頼することで、交渉が自分に有利に進んでいくこともあるのです。

消費者金融への過払い金請求は、弁護士に依頼するのが一番です。

3.費用が払えないなら法テラスを利用してみる

弁護士を雇って消費者金融と交渉をするときに、弁護士費用が支払えないというときは、法テラスを利用してみましょう。

法テラスは、無料で法律相談をすることができる場所です。

借金に対する法律相談も、もちろんすることができます。

支払えなくなった借金の相談や、過払い金に対する相談も可能です。

法テラスを利用することで、弁護士費用の分割をすることができます。

弁護士費用というのは高いものなので、借金を抱えている人などは支払うのが困難である場合が多いのです。

ですから弁護士に依頼することが出来ずに1人で悩んでしまう人がたくさんいます。

法テラスは、全ての人に平等に法律の支援をすることを目的としていて、お金がない場合には一時的に弁護士費用を立て替えてくれます。

後から分割で返済することになりますが、弁護士に依頼することができるようになるのです。

弁護士に依頼することが出来なくて消費者金融の借金に悩んでいるときには、法テラスを利用してみてください。

スポンサーリンク