彼女に「お金を貸して」と言われた時の7対策

0
202

彼女に「お金を貸して」と言われたとき、彼氏はどうするべきなのでしょうか?

正しい対策を知っていれば、それが原因で別れる事はなくなるかもしれません。

今回は、お金がない彼女に「お金を貸して」と言われた時の対策について紹介します。

スポンサーリンク


1.使う用途を聞く

彼女に「お金を貸して欲しい」と頼まれたら、使う用途を聞くようにしましょう。

彼女にお金を貸すときには、まず、使う用途を知ることから始めます。

それが、公共料金の支払いなどであれば、自分も一緒についていって支払いをするところを見るなどの対策をするといいでしょう。

遊びに使うためのお金であれば、貸さない方が賢明です。

お金がない彼女が、どんな理由でお金を借りるのかを知っておくことは、とても大切になります。

ですから、お金を貸してと言われたら、まずは使う用途を聞くようにしましょう。

2.借りないと出来ないことなのか、2人で考える

彼女に借金のお願いをされたら、借りないとできない事なのかを2人で考えてみましょう。

お金がないとできない事だったとしても、お金を借りなくてはできない事とは違うときがあります。

例えば、日払いバイトなどで稼げばいいようなことであれば、2人でバイトをするといいでしょう。

借りなくても済むことを前提として、2人で考えてみれば、意外と良い方法が浮かぶかもしれません。

お金がないときでも、お金を貸したり借りたりするのは最終手段として考えておくといいと思います。

スポンサーリンク


3.返済計画を一緒に立ててからお金を貸す

彼女に「お金を貸して」と借金を頼まれたら、返済計画を一緒に立ててからお金を貸すようにしましょう。

お金を借りたり、貸したりするときには、返済計画を立てることが大切になります。

返済計画を立てれば、その通りに返済すればいいので、借りる方としても楽になります。

また、貸す方も、返済計画通りに返してくれれば安心する事ができます。

少ない金額であれば、次のバイト代で、という決め方でも構いません。

返済計画を一緒に立てることで、貸す方も借りる方も、安心することができるのです。

4.借用書を作ってからお金を貸す

彼女に「お金を貸して」と言われたら、借用書を作る事が大切になります。

お金がない彼女に対してお金を貸すので、借用書には「返済期日」「返済額」「もし返済できなかったら」の3項目は必ず盛り込んでおきましょう。

その上で、彼女にお金を貸せば安心することができます。

もし返済ができなかったときでも、借用書があれば確実に返済してもらう事ができます。

信頼関係だけでお金の貸し借りをすることは、とても危険です。

彼女にお金を貸してといわれた時には、お金を貸す前に借用書を作りましょう。

スポンサーリンク