お金がない彼氏に「お金を貸して」と言われた時の7つの対策

0
202

彼氏に「お金を貸して」と言われたことがある人は、居ると思います。

そんなときの正しい対策を知っている人は、果たしてどのくらいいるでしょうか。

今回は、お金がない彼氏に「お金を貸して」と言われたときの対策について、紹介します。

スポンサーリンク


1.なぜ必要なのかを聞く

彼氏に「お金貸して」と言われたときには、なぜ必要なのかを聞きましょう。

お金を借りる理由は様々です。

本当に切羽詰っているような理由から、ただ遊びに使うお金がほしいときまで、色々な理由があると思います。

お金がない彼氏に「お金を貸して」といわれたら、まずは理由を聞きましょう。

その上で、貸すかどうかを判断するといいと思います。

例えば、今日中に支払いをしないと電気が止まるとか、そういった理由のときには、やむ終えずお金を貸す場合もあると思います。

でも、「飲み会のため」「友達と遊ぶため」という理由であれば、貸さない方が良いでしょう。

やむ終えない事情を除いては、お金を貸さないようにすることが大切なのです。

彼氏にお金を貸してと言われたら、まずは理由を確認してみてください。

2.理由によって裏付けを取る

彼氏が「お金貸して」と言ってきたら、理由によっては裏づけを取りましょう。

彼氏を信用していないわけではなくても、お金を貸すという行為をする以上、裏づけは必要です。

電気代などの公共料金の支払いであれば、支払い用紙を見せてもらって、一緒に支払いに行くといいと思います。

親の手術代に…などと言われたときには、少し躊躇してしまうかもしれませんが、それとなく探りを入れてみると良いでしょう。

もしかしたら、遊びに使うために嘘をついている可能性も捨て切れません。

理由によって裏づけを取ることで、本当に必要なお金なのかどうかをしっかり判断しましょう。

お金がない彼氏にお金を貸すときには、裏づけが大切になるのです。

3.借用書を書いてもらう

彼氏が「お金を貸して欲しい」と言ったら、借用書を書いてもらうようにしましょう。

彼氏だからと言って甘い顔をするのではなく、しっかりと借用書を書いてもらう事が大切になります。

借用書には、貸した金額と返済期限、もし返済できなかったら、という内容を盛り込んでおきましょう。

もし返済できなかったら、という内容は必ず書いておくと良いでしょう。

彼氏といえど、お金がないのであれば返済が出来ないかもしれません。

その時のことを考えて、しっかりと文章にしておく事が大切なのです。

借用書を書いてもらうことができてから、お金は貸すようにするといいでしょう。

スポンサーリンク


4.返済計画を立てる

彼氏が「借金をさせてほしい」と言ったら、一緒に返済計画を立ててください。

例えば1万円程度であれば、次のバイトの給料が入ったら返済する、といった感じでもいいと思います。

1回で返済できない金額はなるべく貸さないようにして、1度に返済してもらうことも大切です。

返済計画を一緒に立てることは、彼氏のお金の流れを知ることでもあります。

その中で、「もう人にお金を借りなくて済むような方法」を探す事も出来るのです。

お金がない彼氏にお金を貸すときには、返済計画を一緒に立てることが大切になります。

スポンサーリンク