借りたお金をきっちり返せ!賢い借金返済方法7選

0
176

賢くきっちりとお金を返済して行きましょう。

借金の理由は人によって様々ですが、無事に借り入れが出来た後、 出来るだけスマートにその返済を済ませたいという思いは共通だと思います。

同じ借金を返すのならば、少しでもストレスを減らし、 賢くきっちりとお金を返済して行きましょう。

その為の方法や考え方をここではご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.返済期限を明確にしよう

借金の返済期限。あまりにも先過ぎてで見なかったことにしていませんか?

臭いものには蓋、ではなく、今だからこそあえて返済期限をしっかりと確認しましょう。

何ヶ月、何年後。今の収入と借金とのバランスを計算し、明確にプランを立てることが大切です。

たったこれだけのことですが、未来のの自分をシュミレーションしておけば行き先の無い不安に苛まれることが無くなります。

逆に言えば、先が見えている事で今の生活を認めることが容易になるのです。

2.家計を一度見直してみよう

借金の返済に必要なのはもちろんお金ですが、現在その為のお金をどこから捻出しているでしょうか。

何かを削らなければいけないのはもちろんですが、削る方法が他人と一緒である必要はありません。

水光熱費を節約するのが得意なタイプ、嗜好品を我慢するのが苦にならないタイプ、内職する時間のある方もいるでしょう。

このあたりは個人個人違ってきますから、自分がストレスをあまり感じず節約出来るポイントを探してみましょう。

どれもお金を作り出す行為ですが、一人一人にあった方法を見つける事で完済までの道のりがはっきりと見えてきます。

スポンサーリンク


3.無理な繰上げ返済は必要ありません

早く借金を返したい、一日も早く楽になりたいと願い、 生活を極限まで切り詰めて切り詰めて繰り上げ返済をしようとする人がいます。

そしてしの結果は身も心もボロボロになってしまうという結末です。

出来るだけ借金を早く返済した方が利息安くなるのはもちろんですが、 その為に食費を削り過ぎて体にとって必要な栄養が行き届かなかったり、 最悪の場合、心の病にでもなってしまったとしたら、利息以上に背負うものが大過ぎます。

繰上げ返済はあくまでも余裕のある時の手段である事を忘れないでいてください。

4 自分だけの借金返済のルールを決めよう

借金返済をするにあたって、マイルールを決めることはとても良いことです。

行き当たりばったりではなく、収入のこの部分から必ず返済しよう。 もし出来なかった場合はここから……とノートなどに記しておくのです。

また、収入が不安定であったりするならば尚更、急な出費等の緊急時の手段を考えておきましょう。

予め考えておく事で、いざという時に慌てず冷静に対応する事が出来ます。

スポンサーリンク