お金を返済してくれない彼女を叱る5つの言葉

0
130

お金を貸したのに返してくれないという彼女がいたとき、どうやって対処していますか?

彼氏にとって、大切な彼女であれば、しっかりと叱ることも必要になってきます。

今回は、お金を返済してくれない彼女を叱る言葉を紹介します。

スポンサーリンク


1.「信頼して貸した」ことを伝えて叱る

お金を返済してくれない彼女を叱るときには、「信頼して貸した」ということを伝えるようにしましょう。

お金を貸すということは、相手を信頼しているからこそできることです。

なので、彼女を叱るときには、「信頼していた」ということを強調するようにしましょう。

ただ、お金を返さない事だけを叱ると、彼女の気持ちもかたくなになってしまいます。

「事情があったんだから仕方ないでしょ!」と逆切れされてしまう可能性もあるのです。

でも、「信頼して貸したのだから、その信頼を裏切らないでほしい」という話し方をすれば、彼女も裏切ってしまった事を自覚すると思います。

恋人間において、信頼というのは大切なものになります。

ですから、その信頼を裏切ってしまった、という気持ちは、彼女の心の中にずっと残るものなのです。

ただ怒って、感情に任せて叱るのではなく、彼女を信頼していたというところにポイントを置くことが大切になります。

お金がないから返済ができなかったのであっても、信頼を裏切ってしまったと思わせる事ができたら、貸したお金を返してもらう事ができるかもしれません。

2.「信用に関わる」と叱る

お金を返済してくれない彼女を叱るときには、「信用に関わることである」と叱りましょう。

お金を借りる、貸すというのは、信用の問題です。

信用があるからこそお金を貸すことを承諾し、信用があったからこそお金を借りる事ができます。

それは、恋人間だけではなく、金融機関からお金を借りるときにも同じ事です。

なので、お金を返してくれない彼女には、「金融機関と同じように、信用が大切なのだ」と説得するのです。

感情に任せて怒るだけでは、彼女が素直に謝ってくれたり、お金を返してくれることはないでしょう。

でも、「信用に関わる」という話をすれば、「自分を信用して貸してくれたんだ」という気持ちが彼女の中でも芽生えてきます。

その結果、お金を返さなかった自分が悪かった、と素直に認めることが出来るのです。

もし、お金がないから返せなかったのだとしても、悪かった部分を素直に認められない人は、お金を返さなかった事に開き直っているように見えます。

彼女自身に悪かった部分を認めてもらうためにも、「信用に関わる事だ」というのを強調して叱ってみましょう。

スポンサーリンク


3.「いい加減なことをしないでほしい」と叱る

お金を返済してくれない彼女を叱るときには、「いい加減なことをしないでほしい」と叱りましょう。

お金を借りて返さないというのは、とても「いい加減なこと」です。

貸すときに、返す日にちなどを決めていれば、なおさらいい加減な約束をされたと怒るでしょう。

そんなときには、そのことを素直に言葉に出してみる事も大切です。

ですが、「いい加減なことをするな」と言い切ってしまうと、彼女の気持ちがかたくなになってしまうこともあります。

そうならないためには、まず、「するな」という言い方をしないようにすることです。

でも、「いい加減なことをしないでほしい」という自分の気持ちは、しっかりと伝えるようにしましょう。

これを伝えておかないと、彼女の中で、「いい加減な事をした」という気持ちは芽生えません。

お金がないのであれば先に相談をするなり、方法はたくさんあるはずなので、まずは、「いい加減なことをしないでほしい」と伝える事から始めましょう。

スポンサーリンク