本当は怖いリボ払い!借金地獄に陥りやすい7つの罠

0
148

今、CMでもやっているリボ払いを使っている人はたくさんいますが、そのせいで借金地獄に陥っている人もいます。

リボ払いは、いくら使っても毎月の支払額が一定という、便利なシステムです。

ですが、いくら払っても元金が減りにくいリボ払いは、借金地獄に陥りやすいのです。

本当は怖いリボ払いで、借金地獄に落ちてしまう理由を見ていきましょう。

スポンサーリンク


1.元金が減らずに借金地獄になる

リボ払いにすると、元金が減りにくいので借金地獄になってしまう人がいます。
リボ払いは毎月同じ金額ずつを返済していきます。
仮に10万円を借りて、毎月3000円ずつの返済をしてくとすると、利息は3000円の返済分の半分になります。
つまり、元金に充填されるのは、たった1500円なのです。
1500円ずつを返済していっても、いつまで経っても元金は減りません。
そして、返済中にもカードを使ってリボ払いを選択していれば、カード残高は減っていきます。
こうして、リボ払いの借金地獄が出来上がってしまうのです。

2.金利は高い

リボ払いの金利は普通よりも高く、それによって借金地獄になってしまう人がいます。

例えば、毎月の支払い金額が5000円だったとすると、リボ払いでかかる金利分のお金は3000円程度になります。

つまり、毎月2000円しか元金に充填されないのです。

分割払いでは「使った金額÷分割の月数×利息」という計算がされます。

一方、リボ払いでは「使った金額÷一ヶ月の返済額×利息」になります。

リボ払いでは支払い回数が多くなりがちなので、その分多くの金利を払う事になります。

何度も何度も、高い金利を払い続けるリボ払いは、それだけでも借金地獄に陥りやすいのです。

スポンサーリンク


3.リボ払いでは返済が長期化しやすくなる

リボ払いでは返済が長期化してしまうので、借金地獄になりやすいのです。

リボ払いは、毎月3000円や5000円程度の金額を返済していきます。

ですが、借りた額や使った額が多ければ多いほど、5000円の返済期間が長くなっていきます。

返済期間が長くなった分だけ、カード残高が増えているわけではないのがリボ払いです。

返済した分の最低半分は利息になってしまうので、残高は増えません。

返済期間だけが闇雲に長くなっていくリボ払いは、まさに借金地獄なのです。

4.借金意識が低い

借金意識が低いリボ払いは、使いすぎて借金地獄になってしまう人がいます。

リボ払いを使っている人の認識で多いのが、「いくらでも使える魔法のカード」「返済金額が増えないから楽」というものです。

「いくらでも使える」に関して言えば、上限が決まっているので、使い続けていればいつかは使えなくなります。

そして、使えなくなった瞬間に焦るのです。

「返済金額が増えない」というのも、使える残高が増えないことに繋がります。

「いくらでも使えて、返済は一定」なんていう、夢のようなカードではないのです。

リボ払いを使い続けると、カードが使えなくなり、支払いだけが残る生活になります。

これはもう、リボ払いによる借金地獄なのです。

スポンサーリンク