日記をつけて借金返済をする方法

0
191

借金返済のために日記を活用している人もいます。

日記には、色々な活用法がありますが、お金がない!と困るときの借金返済にも活用することができるのです。
今回は、借金返済のための日記活用法について紹介します。

スポンサーリンク


1.日記に毎月の返済日を書いておく

借金返済のためには、日記に毎月の返済日を書いておきましょう。

借金の返済は毎月あります。

ですが、「うっかり」忘れてしまう事もあるのです。

そうなってしまう事を防ぐ為にも、毎月の返済日と返済額をメモしておきましょう。

できれば赤など目立つ色で書いておくと、ぱっと見たときに目に入りやすく覚えておきやすいのです。

いつでも目に付くようにしていれば、「うっかり」返済を忘れてしまうことはありません。

借金返済のために日記を活用するのであれば、まず、返済日と返済額をメモしておく習慣をつけましょう。

2.「返済のためにする事」を書く

借金返済のために、日記には「返済のためにすること」を書いておくといいでしょう。

例えば「副業を始めて月に○円稼ぐ」や「スキルアップをして給料を上げる」などでもいいと思います。

借金をしているときには、できるだけ元手がかからないものがいいので、インターネットで出来る副業などがオススメです。

とにかく、返済のためにこれから始める事を書いておきましょう。

これを書いておくことで、返済のために出来ることがあるのだと思う事が出来ます。

また、返済をするために「やらなきゃ」という気にもなってくるので、借金返済のための日記活用法としては十分な効果があります。

スポンサーリンク


3.副業を始めて日記に報酬を書く

借金返済のために、副業を始めて日記に報酬を書くことも大切です。

ただ闇雲に副業を始めるのではなく、日記にきちんと報酬をメモしておきましょう。

いくら稼いだのかが分からないと、確定申告などでも不利になる事があります。

毎月の収支でもいいですし、1週間ごとの収支でも構いません。

自分がやりやすい方法で、副業の報酬をメモしておきましょう。

借金返済のために副業を始めたら、日記に報酬をメモする事を忘れないようにしてください。

4.毎月の貯金額を書く

借金返済のために、日記に毎月の貯金額を書いておきましょう。

借金を返済するときには、同時に一括返済のために貯金をすることも大切になってきます。

なので、毎月の貯金額が分かるように、貯金額を書いておくといいでしょう。

口座を見れば分かる事ですが、自分の手で改めて金額を書くことで、より分かりやすく印象に残りやすくなります。

貯金額をメモしておけば、いつでも「後いくら貯まればいいのか」を知る事ができます。

借金返済のために貯金をするなら、貯金額は日記に書いておくようにしましょう。

スポンサーリンク