損をしないでお金を借りる!賢いお金の借り方7選

0
98

賢いお金の借り方とは、どんなものでしょうか?

お金を借りる方法は色々ありますが、損をしない方法が一番賢いお金の借り方なのです。

今回は、賢いお金の借り方について、紹介します。

スポンサーリンク


1.少額借りてすぐ返す

お金の借り方で大切なことは、「少額借りてすぐに返す」ことです。

例えば1万円を返すのと、10万円を返すのでは、1万円の方が楽なことは、誰でもわかります。

このように、少額の返済なら困る事はありません。

お金を借りるときに気をつけることは、「少額借りること」です。

そして、大きな金額の利息がかからないうちに返済を終えることです。

何十万も借りて、返済に2年かかったとしたら、その分払う利息が増えているということになります。

お金の借り方で、一番大切なのは、「少額借りてすぐに返す」ことです。

2.無利息期間を使う

お金の借り方で賢い方法は、無利息期間を上手く使うことです。

無利息期間を設定している金融会社はたくさんあります。

アコムやプロミスもその1つですが、「30日間無利息」「1週間無利息」のような金融機関からお金を借りておきましょう。

無利息期間にお金を返す事ができれば、元金のみで返済を終えることが出来ます。

利息がかかるという事はそれだけ返済が大変になるということなのです。

元金のみで返済が終わる無利息期間を上手く使う事が、賢いお金の借り方なのです。

スポンサーリンク


3.本当に必要な分だけ借りる

賢いお金の借り方というのは、「本当に」必要な分だけを借りる事です。

例えば、「1万円あれば生活できる」というときに「3万円借りたら余裕で遊びに行ける」という状態にしなくても良いということです。

1万円で生活できるのであれば、1万円だけを借りましょう。

3万円あって遊びに行けたとしたら、また出費が重なって、借り入れをすることになるかもしれません。

本当に必要な額というのは、それほど大きな金額ではありません。

なので、「少額を借りてすぐに返す」という方法を実践するのであれば、本当に必要な分だけを借りるようにしましょう。

それが賢いお金の借り方なのです。

4.必要なときにお金を借りる

お金を借りるときがいつ来るかというのは予測できないので、お金の借り方としてコンビニでキャッシングができるように持っているだけのカードを作っておく事も必要です。

例えば、急な病気で入院することになった、冠婚葬祭の予定が舞い込んできた、というとき、ポンと大きな金額を出せる人は早々いません。

なので、そういうときのためにカードローンのカードを持っていることも必要なのです。

万が一に備えておくだけなので、普段からキャッシングをしなければいけないわけではありません。

本当にお金が必要なとき、すぐに使えるカードローンのカードを持っておくことが大切なのです。

お金の借り方としては、万が一のときに、必要な分だけを借りることになるので、賢い使い方といえるでしょう。

スポンサーリンク