知らないと損をする!お金を借りるときに注意することとは?

0
195

お金を借りるときには、注意すべきポイントがたくさんあります。

それを知らないで借り入れをしてしまうと、自分が損をしたり、借金に苦しんでしまう事になります。

今回は、お金を借りるときに気をつけたいポイントを紹介します。

スポンサーリンク


1.お金を借りるときには無利息期間のあるローンを使う

お金を借りるときには、無利息期間のあるローンを使うようにしましょう。

キャッシングをするとき、賢い方法と言われているのは「少額借りてすぐ返す」ことです。

少額であれば返済も楽ですが、その中でも無利息期間があるものを選べば、借りたお金だけを返せばいいことになります。

利息は、つもり積もれば大きな金額になってしまいます。

利息を払い続けるのは無駄なので、無利息期間のあるローンを利用して、すぐに返済するようにしましょう。

お金を借りるときには、無利息期間のあるローンで、お得に借り入れをする事が大切です。

2.少額のお金を借りてすぐに返済するようにする

お金を借りるなら、少額を借りてすぐに返済することが一番大切です。

例えば、1週間だけ3万円を借りるのと、1ヶ月10万円を借りるのとでは、返済にも大きな差が出来てしまいます。

1週間3万円を借りてすぐに返す事ができるなら、利息は何百円程度です。

でも、1ヶ月10万円を借りて、返済が長期化してしまえば、利息は何万円にもなってきます。

利息の差を見れば、長期間お金を借りていることは、あまり良いことではないと分かるはずです。

お金を借りるときには、少額を借りてすぐに返すことを覚えておいた方がいいでしょう。

3.総量規制対象外の銀行系カードローンでお金を借りる

総量規制対象外の銀行系カードローンでは、専業主婦でもお金を借りる事ができます。

総量規制とは、「年収の3分の1以上の借金はできない」という規制です。

これは、一般の消費者金融に適用されていますが、銀行系のカードローンは対象外になっています。

そのため、借金がある人や働いていない主婦でも借りる事ができるのです。

銀行系のカードローンは金利も低く、最低返済額も低いので、毎月の返済が楽になるというメリットがあります。

銀行系カードローンはメリットも多いので、お金を借りる事になったら、最初に選んでみるといいでしょう。

スポンサーリンク


4.低金利のローンを利用してお金を借りる

金利が低ければ返済も楽になるので、金利の低いローンからお金を借りるようにしましょう。

金利は、どんな借金にもかかってきます。

手軽に借りる事が出来るカードローンは、金利が高く設定されていることもあります。

色々なローン会社を比べてみて、金利が低いところに申し込みをしましょう。

金利が高ければ、元金に充填される分が少なくなります。

そのため、借金返済までの時間が長くなってしまうのです。

低金利のローンを利用してお金を借りれば、長い間借金に悩む事もなくなります。

スポンサーリンク