取り立ての電話が怖くて出られない!お金を払えない時の言い訳11選

0
42

カードローンなどでお金を借りたとき、期日に返済できないと取り立ての電話がかかってきます。

一昔前であれば、「お金がない!?」「金返せ!」と脅される、怖い電話でした。

取立ての電話が怖くて出られないとき、お金が払えない言い訳を紹介します。

スポンサーリンク


1.「入院していた」

お金が払えない時の言い訳は、「入院していた」と言いましょう。

嘘であっても「入院していた」という言い訳をされれば、相手方もそれ以上追及する事はできません。

入院していた証拠を出せ、と言うことも無理なので、割とすんなり納得してくれる言い訳なのです。

ですが、支払いがなくなるわけではないので、「ではいつなら支払えますか?」と聞かれることになります。

その場合には、しっかり返済できる期日を伝えておくことが大切になります。

2.「忘れていた」

どうしてもお金がなくて払えない時の言い訳には、「忘れていた」と言いましょう。

カードローンの返済で35日ごとの返済である場合には、毎月決まった日にちというのがありません。

ですから、「忘れていた」という言い訳を使う人が多いのです。

ただ「忘れていた」というのではなく、「忘れていました、すみません」というだけでも印象は違います。

そして、手元にお金があるのであれば、すぐに支払いをする事を約束しましょう。

すぐに支払えない場合には、返済できる期日を伝えることで、電話が鳴ることを防ぐ事ができます。

3.「手元にお金が無くて…」

お金が払えない場合に言い訳するなら、「手元にお金が無くて…」と言いましょう。

お金がない人からは、消費者金融の取り立てもお金を取ることができません。

その場合には、「いつになったら払えるのか」と聞かれることになります。

この場合でも、「○日には給料が入るから、そのときには支払う」と約束をしましょう。

返済が延びる期間は最長でも1週間程度なので、その間にどうにかお金を作る努力をしましょう。

4.「支払いに行く時間がなくて」

お金がなくて支払いが出来なかったときの言い訳は、「支払いに行く時間がなくて」と言いましょう。

このときにも、「いつなら支払えます」という言葉を残しておけば、それを信じてくれることもあるでしょう。

そして、約束した期日には、しっかり支払いをする事が大切なのです。

とはいえコンビニに行く時間すらない仕事をしているのであれば、支払うお金はあるだろう、と思われてしまうと思うので要注意です。

スポンサーリンク


5.「収入がなくて」

お金が払えない理由を聞かれたら、「収入がなくて」と話してみましょう。

お金がない理由が「収入がない」のであれば、消費者金融が無理やり支払わせるということはありません。

その代わり、どうしたらいいのかを相談に乗ってくれると思います。

自己破産などの方法を取るように進められるかもしれません。

ですが、本当に収入がなく、借金の支払いだけが残っているのであれば、自己破産をしてしまうのも1つの手段なのです。

6.「体調を崩して動けなかった」

お金が払えない時に言い訳するなら、「体調を崩して動けなかった」と言いましょう。

体調面を言い訳にすると、消費者金融の取り立ても、ある程度は引き下がらなければならなくなります。

ですが、その場合には、「いつ支払える」と約束する事が大切になります。

すぐには無理でも、「明日中には」「今週中には」という約束をすれば、その約束を守る事で信用してもらうことができるのです。

体調を崩した事を言い訳にするときには、いつ支払えるのかを約束しておく事が大切になります。

スポンサーリンク