お金がないからといって安易に手を出すな!ネットキャッシングの5つの怖さ

0
440

4.お金を借りなくてもいいのにネットキャッシングをしてしまう

お金を借りなくてもいいときにでも、「ちょっと余裕がある方が…」と思ってつい借り入れをしてしまうのも、ネットキャッシングの怖いところです。

ネットキャッシングはとても簡単で、便利に使うことができます。

携帯やパソコンからアクセスして、金額を入力するだけで1分程度で自分の口座に入金されるのです。

ですから、使いやすいというメリットがありますが、同時にそれはデメリットにもなるのです。

使いやすいということは、安易に使えるということです。

安易に使えてしまうというデメリットがある以上、お金を借りる必要がないのに「もうちょっと余裕がほしい」と思って借り入れをしてしまう人も少なくありません。

その結果、いつの間にか借入限度額がゼロになっていて、借り入れが出来ないという状況になってしまう人も居ます。

お金を借りなくてもいいときにお金を借りてしまうということも、ネットキャッシングの怖いところなのです。

スポンサーリンク


5.使いすぎると破綻する

ネットキャッシングは、便利で使い勝手の良いものです。

でも、それに甘えて使いすぎてしまえば、破綻してしまうこともあります。

ネットキャッシングをしていて、ついつい使いすぎてしまい、借り入れが出来なくなってしまったとき、人はどうするでしょうか。

普通であれば、コツコツ返済していこうと思うはずですが、実際には「他から借り入れをしよう」と思ってしまうのです。

一度借金をして何かをしてしまうと、どうしても、借金をすれば生活ができるという思考になってしまいます。

借金の返済のことまで考えずに、安易に借金を繰り返してしまうのです。

その結果、雪だるま式に膨れ上がった借金を返済できず、破綻してしまうこともあります。

ネットキャッシングでは、それが一番怖いポイントになります。

破綻してしまえば、返済することも、新しく借り入れをすることも出来なくなるので、どうにもならず、自分が苦しむだけなのです。

ネットキャッシングを安易に使いすぎると、最後に待っているのは自己破産かもしれません。

スポンサーリンク


ネットキャッシングの5つの怖さ

1.借金意識が低くなる
2.ついお金を借りすぎてしまう
3.返済期日を忘れやすくなる
4.お金を借りなくてもいいのにネットキャッシングをしてしまう
5.使いすぎると破綻する

キャッシング

ネットキャッシングの怖さを5つ紹介しました。

便利で使い勝手が良いというメリットは、借りすぎに繋がってしまうというデメリットでもあります。

ネットキャッシングをするときには、そのデメリットに十分注意して、借金と言う意識を忘れないようにしましょう。