借金返済までの7つのステップ「貧乏生活苦からの抜け出そう」

0
148

借金を返済するには、それなりのステップと計画が必要です。

ただ闇雲に返済しようとしても、今の貧乏生活苦に耐えられなくなってしまうだけです。

正しいステップと方法を知ることは、借金返済を楽にすることになります。

そして、借金生活から早く抜け出すこともできるようになります。

それでは、借金を返済していくステップについて見ていきましょう。

スポンサーリンク


1.今の借金がいくらあるのかを返済する前に把握する

今の借金がいくらあるのかも分からずに返済しようとするのは、ある意味無謀です。

借金の額が少額ならいいですが、何百万単位での借金がある場合には借金の総額を知っておくことも必要です。

借金の総額を知ることで、返済計画を立てることが出来ます。

返済計画に沿って借金を返していけば、いつか必ず借金を払い終えることが出来ます。

返済計画を立てるときには、まず金額の少ないものから借金を返済していくようにしましょう。

今の借金がいくらあるのかを知ることは、借金を返済していく上でとても大切なことです。

2.借金の金利を見直す

借金には金利が付き、金利も一緒に返済していくことになります。

カードローンの場合には、14パーセントや年率18パーセントといった金利が付いていることがほとんどです。

「借り換え」という手段でもっと金利の安いところでローンを組みなおすことで、借金の額が減ることもあります。

今の借金の金利はいくらなのかを知っていることは、借金を返済していく上でも大切なことなのです。

金利が減れば、それだけ借金を返していくのも楽になり、返済時期も早くなります。

今借りているお金についている金利と、他のローンの金利を比べることで、今の借金が減る可能性があることを知っておきましょう。

3.複数の借金を1つにまとめて返済できないか検討する

複数の借金を返済していくときには、1つにまとめられるかどうか検討してみるという方法もあります。

今は銀行系ローン会社で「おまとめローン」というローンを組むことが出来ます。

複数の会社から借りているお金を、1つの会社から借りていることにするのです。

複数の会社から借りているときには、その分金利が多くかかります。

1つの会社から借りる場合には、金利も1つの会社のローン分で済みます。

毎月の金利が安くなれば、それだけ借金の総額も減ることになります。

また、毎月の返済も少し楽になります。

複数の借金がある場合には、「おまとめローン」を利用できないか検討してみてください。

スポンサーリンク


4.借金返済のために個人再生の手続きをする

個人再生手続きとは、裁判所に介入してもらって借金の返済を楽にしてもらう方法です。

借金が無くなるわけではなく、借金の額を減らしてもらうように裁判所を通して借入先にお願いをします。

返済計画を立てて裁判所に認めてもらい、少しずつ返済していくことになります。

この方法は、自己破産ではないので、差し押さえなどもありません。

個人で手続きをするのは難しいので、弁護士などにお願いしましょう。

スポンサーリンク