平成26年3月に解散した日本消費者金融協会とは何か?

0
179

4.悪質な消費者金融の注意喚起も行っている

悪質な業者から借入をしないために、悪質業者に対する注意喚起も、日本消費者金融協会は行っています。

今、悪質な金融業者からの被害が後を絶たないのです。

例えば、「延滞中でもお金を貸します」「多重債務でも無審査で貸します」といったような広告があります。

ですが、こんな広告を出している金融会社というのは、正規の業者ではないことが多いのです。

借金がある人に新たにお金を貸すような美味しい話はないということを、まずは知っておくべきなのです。

とはいえ、手口が巧妙になっている悪質金融業者はたくさんあります。

高い金利でお金を借りることになったり、その後の取り立てが厳しくなってしまったりという負担は大きなものです。

ホームページなどでは、悪質業者の一覧を公開していたり、注意するべき表記などを公開しています。

利用者は、これらを見ることで、悪質な金融業者からの借入を防ぐことが出来ます。

このような注意喚起をして、悪質業者から借入をしないようにすることも、日本消費者金融協会の役割なのです。

スポンサーリンク


5.活動理念は常に「消費者優先」である

日本消費者金融協会は、常に利用者のための行動を基本としています。

自主的な規則を作ることも、悪質業者への注意喚起も、全ては消費者のためなのです。

貸金業というのは、何かと悪いイメージが付きやすいものです。

ですが、適切に利用することができれば、とても便利なものなのです。

貸金業の健全な発展と運営などを目的とするのであれば、それはやはり、消費者のためになることなのです。

また、消費者や利用者の救済をすることも、消費者優先のための決まりなのです。

例えば、家計管理診断や多重債務についての相談、カウンセリングなどを行うことは、適切に消費者金融を利用するために必要なことです。

そして、悪質業者からの取り立てを受ける人を少なくすることも、消費者のためになります。

健全に消費者金融を運営、発展させていくことは、大きな意味において国民経済の発展にも繋がります。

日本消費者金融協会は「消費者優先」の規則を作ることで、日本経済の発展に貢献しているのです。

スポンサーリンク


平成26年3月に解散した日本消費者金融協会とは何か?

1.日本消費者金融協会とは貸金業を営む会社で作られる団体である
2.自主的な規制などを消費者金融に対して行っている
3.日本消費者金融協会は多重債務に陥った人を救済する活動を行っている
4.悪質な消費者金融の注意喚起も行っている
5.活動理念は常に「消費者優先」である

日本消費者金融協会

日本消費者金融協会は、消費者のため、そして消費者金融のために作られた協会です。

健全に消費者金融を運営していき、利用者が安心して利用できる環境を作っていくことが大切なのです。

日本消費者金融協会は悪質業者の注意喚起や一覧も発表しているので、参考にしてみるといいかもしれません。