お金がないのに支払期限が間近のときの対応策

0
212

支払期限が近いのに、お金がないから払えない

そんなときに、どうしたらいいのか、分からない人も居ると思います。

今回は、支払期限が近いのに支払いができない時の対策を紹介します。

スポンサーリンク


1.支払期日前に連絡をして相談する

支払期日間近でお金がないときには、期日前に連絡をするようにしましょう。

支払いは期日に行う事が一番ですが、どうしても支払いが出来ないときもあると思います。

そういったときには、事前に連絡をすることで、支払期日を延ばしてもらうことができる場合があります。

支払期日を延ばしてもらうことができれば、その日までに支払うことを約束する事ができるのです。

例えば、カードローンの支払いが遅れそうなときや、携帯電話代などが遅れそうなときには、早めに連絡をしておくことが大切になります。

連絡をしておけば、それだけで期日を延長してもらうことができるので、まずは、支払いが遅れそうな金融機関に連絡をしておきましょう。

何も連絡をしないで遅れてしまうことだけは避けるべきです。

特に、携帯電話などは支払期日が遅れてしまうと止まってしまうので、その辺りも相談してみるといいでしょう。

カードローンは、支払期日が遅れると遅延損害金が発生してしまいますが、先に相談をしておくことで、期日を延ばしてもらうことができます。

支払期日前にお金がないから、支払いができないと発覚したら、早めに連絡をして相談しましょう。

2.期日を過ぎてから来る振込用紙で支払う

支払期限にお金がないから支払えなかったら、期日を過ぎてから来る振込用紙で支払う事もできます。

普通、支払期限を過ぎても支払いがない場合には、自宅に振込用紙が届きます。

なので、その振込用紙を使って支払いをしましょう。

一般的には、振込用紙を使って支払いをすれば問題がないとされています。

コンビニなどで簡単に支払う事ができるので、あえて振込用紙が届いてから支払っている人もいると思います。

例えば携帯代などは、振込用紙に記載されている期限までに支払う事で、携帯が止まってしまうことを防ぐ事ができます。

クレジットカードなどの引き落としができなかった場合も、振込用紙で支払えばすぐに使う事ができるようになっています。

支払期限までにお金がない状態のときには、振込用紙を使って支払いをすることを考えておきましょう。

スポンサーリンク


3.支払期日を過ぎても振り込みで支払う

支払期限を過ぎても振込みで支払うことができます。

引き落としにできなかった場合には、振込みで支払う事が出来る場合があります。

例えば、当日に入金をしようと思っていて間に合わなかったときなどには、振込みをするために口座を教えてもらうことができるのです。

振込みをすればすぐに支払った事にもなるので、印象は悪くならないでしょう。

振込口座は、連絡をして事情を話せばすぐに教えてくれるので、すぐに振り込むようにしましょう。

振込みをすれば、後からハガキが届く事もありません。

お金がないのではなく、入金が間に合わなかったというときには、振込みで対応するようにしましょう。

スポンサーリンク