専業主婦が借入をするときに気をつける7つのポイント

0
33

専業主婦が借入をするとき、気をつけるべきポイントはたくさんります。

収入がない専業主婦なので、借入には最大限の注意を払うべきなのです。

今回は、専業主婦の借入で気をつけるポイントを紹介します。

スポンサーリンク


1.専業主婦の借入は借りすぎない事に注意する

専業主婦の借入の際には、借りすぎないように注意をしましょう。

専業主婦は、基本的に収入がありません。

そのため、借金を返済するお金は、夫の給料からということになります。

キャッシングなどで多額の借入をすることになった場合、専業主婦だけの力では返済していく事が困難になります。

その結果、夫に迷惑をかけてしまうことになるのです。

専業主婦の借入の場合は、借りすぎないように注意をすることが一番大切なことなのです。

2.専業主婦の借入の前には返済計画を立てる

専業主婦の借入の前には、きちんと返済計画を立てておきましょう。

例えば、3万円を借りて、給料日が10日後なら給料日に全額返済をする、などでも構いません。

いつまでに全額返済する、という目標でもいいのです。

10万円などの大きな金額になってしまったら、最低返済額だけではなく、余裕分も一緒に返していくようにしましょう。

返済計画はとても大切な事です。

とくに家計を預かる専業主婦が借入をするときには、家計に響かない程度の返済額であることが大切なのです。

専業主婦の借入の前には、しっかりした返済計画を立てておくといいでしょう。

3.専業主婦は返済のための借金をしないようにする

専業主婦が借入をする理由が「借金返済のための借入」になってしまうことは、避けたほうがいいでしょう。

借金返済のために新たに借入をしてしまうと、どうしても借金が増えてしまいます。

それを続けていると、雪だるま式に借金が増えて、返済できなくなってしまうのです。

借金返済のための借金は、できるだけ避けてください。

どうしても返済できない、となってしまう前に、法的手段などに頼るようにしましょう。

専業主婦が借金のための借入をすることは、借金が増える原因になってしまうのです。

スポンサーリンク


4.専業主婦の借り入れは夫には知らせておく

専業主婦の借り入れは、まず、夫に知らせておきましょう。

専業主婦は収入がないので、夫の給料から返済をすることになります。

また、専業主婦が借入をする原因が、夫の給料が少ない事であれば、夫婦の問題になります。

借入をする理由が何であれ、返済をするお金を持ってくるのは夫なので、借金の存在は明かしておくようにしましょう。

そして、専業主婦は夫に借入の事実を隠さない事が大切なのです。

事実を隠していて、後から発覚すると、夫婦間の大問題に発展してしまうことがあります。

専業主婦の借入の場合には、夫にきちんと知らせておく事が大切です。

スポンサーリンク