消費者ローンを借り換えするときの5つのポイント

0
146

4.借入限度額が高いローンを選ぶことが大切になる

消費者ローンなどで借り換えをするときには、借入限度額の高いローンを選ぶ必要があるのです。

今、カードローンの広告を見てみると、借入限度額についての項目があると思います。

たとえば「最高500万円まで」だったり、「300万円まで借り入れ可能」だったりする広告です。

このような金額のローンというのは、ほとんどが借り換え目的です。

借り換えをするときには、他の全ての借金を返済する必要があります。

借金の総額が100万円であれば、100万円以上の金額を借り入れて、全ての借金を返済することが借り換えをする上での義務になります。

少なくとも100万円の金額が必要なのに、上限が50万円のローンの申し込みをしても意味がありません。

そういった意味において、借り換えをするときには限度額の高いローンを選ぶべきなのです。

銀行系は限度額が高いものが多いのですが、消費者ローンも限度額が高いものがたくさんあるので、そういったもので借り換えをするといいでしょう。

スポンサーリンク



5.消費者金融の借り換えは金利が高くなるかもしれないというデメリットがある

消費者金融の借金を借り換えるメリットはたくさんありますが、同時にデメリットもあるのです。

借り換えのデメリットというのは、きちんと検討しないと金利が高くなったり、毎月の返済額が増えてしまうことがあるということです。

例えば、複数の消費者ローンを、他の消費者ローンでまとめるとき、金利を考えないと、金利が高くなってしまい、返済総額が増えてしまう可能性があるのです。

返済総額が増えてしまえば借り換えの意味がないので、この点だけは注意をしましょう。

また、おまとめローンを利用するときには、手数料が必要になることがあります。

手数料分というのもおまとめローンの返済額の中に含まれているので、返済総額は上がってしまうことは覚悟しておいてもいいかもしれません。

また、毎月の返済金額が増えてしまえば、それも負担になってしまうことがあるので、気をつけたほうがいいデメリットになります。

消費者ローンの借り換えは、デメリットも十分に検討することが大切になります。

スポンサーリンク


消費者ローンを借り換えするときの5つのポイント

1.消費者ローンは銀行の借り換えを利用する
2.金利の安いローンに借り換えると負担が減る
3.借り換えは消費者ローンでも行うことができる
4.借入限度額が高いローンを選ぶことが大切になる
5.消費者金融の借り換えは金利が高くなるかもしれないというデメリットがある

消費者ローン

消費者ローンの借り換えにはさまざまなメリットがあります。

ですが同時にデメリットもあるので、十分に検討する必要があるのです。

借り換えをするときには、消費者ローンの内容を十分に検討して行いましょう。