借金返済計画を立てる「無理のない範囲で行う」

0
65

借金返済計画を立てるときには、いくつかのポイントがあります。

ただ闇雲に返済をしていこうとしても、生活が苦しくなってしまうこともあるのです。

今回は、借金返済計画を立てるときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク


1.おまとめローンを使う

複数の借金があって、借金返済計画を立てるときには、まず、おまとめローンを使ってみましょう。

複数の借金を毎月返済していくのは大変です。

でも、おまとめローンを使う事ができれば、毎月の返済が1回になります。

また、借金の総額も減る事があるので、おまとめローンは十分に活用したいものです。

返済計画を立てるとき、今以上に借金が増えてしまうような計画や、生活が苦しくなってしまう計画は避けたほうがいいのは明白です。

だったら、おまとめローンなどを利用して、借金の額を減らしたり、毎月の返済を楽にするような借金返済計画を立てるようにしましょう。

2.無理のない金額を返済していくようにする

借金返済計画を立てるなら、無理のない金額を返済していくようにするといいでしょう。

もし今、借金で生活が苦しくて、毎日の食事などにも困っている状況であるならば、債務整理を利用してみてください。

債務整理には、任意整理や個人再生、自己破産などがありますが、収入があれば自己破産はしなくても済むことが殆どです。

任意整理や個人再生では、自己破産のように個人の資産を取られてしまうこともなく、無理のない金額を返済してくことになります。

個人再生の場合では、3年間借金の返済を行えば、それ以降の支払い義務はなくなります。

任意整理では、無理のない金額を3年かけて返済していくことになります。

どちらの方法も、生活に響かないような金額で返済していくことができるので、借金返済計画を立てるときには一度検討してみてもいいでしょう。

スポンサーリンク


3.一括返済を目標にする

借金返済計画では、一括返済を目標にしましょう。
債務整理などの方法を使わずに借金を返済していくのであれば、一括返済を目標にするといいでしょう。

一括返済をすぐに行う事は難しいので、「○年後に一括」と言う目標を立てて、それに向かって貯金をしていくようにするといいでしょう。

一括返済をするメリットというのは、大きなものです。

総支払額も少なくなるので、できることなら一括返済をしてしまうのが一番良い方法なのです。

つまり、借金返済計画を立てるときには、一括返済を目標に「毎月いくら貯金すればいいのか」を盛り込んでおくといいでしょう。

4.返済総額を減らす

借金返済計画を立てるときには、返済総額を減らす工夫をしましょう。

方法としては、借り換えやおまとめローンなどです。

一般的な消費者金融からお金を借りるより、銀行系のローンから借り入れをした方が金利は低くなります。

なので、金利を低くしたいなら、銀行系ローンに借り換えをすることをオススメします。

借り換えをしてしまうと借金が増えると思っている人もいますが、実際には支払い総額が減っている事がほとんどなのです。

返済総額を減らす為にはどうしたらいいのかを考える事も、借金返済計画には大切なことなのです。

スポンサーリンク