消費者金融業界を知る「小口融資の増加」

0
175

消費者金融業界というのは、知られているようで、意外と知られていないものなのです。

大きなニュースになることも少ないので、金融業界に興味がない人は知らないことが多いと思います。

では、そんな消費者金融業界を知るためのポイントを紹介します。

スポンサーリンク


1.消費者金融業界は小口融資のニーズに応える形で誕生した

消費者金融業界というのは、従来までの銀行による大口融資ではなく、個人に向けた小口融資のニーズに応えるために誕生しました。

従来、融資というのは銀行からの企業に対する大口融資のみでした。

ですが、戦後の日本において、個人に向けた小口融資も必要になってきたのです。

もともとは、サラリーマンを対象として小口融資として始まった消費者金融なので、以前はサラ金と呼ばれていたこともありました。

その後、銀行のカードローンが普及するなどして、多くの人が消費者金融を利用するようになりました。

その中では、強引な貸付けや取り立ての影響が社会問題となる時期もありました。

今は、貸金業規制法が制定され、貸付の限度額などが決められるようになりました。

現在の日本では、10人に1人が消費者金融から借入を行っているといわれています。

消費者金融業界の小口融資のニーズは、これからさらに増えていくのではないかと予想されます。

2.近年になり、消費者金融とメガバンクが接近している

銀行と消費者金融業界というのは、もともとあまり接点がないものでした。

そもそも消費者金融業界は「貸金業法」で運営されており、銀行は「銀行業法」で運営されています。

なので、この2つにはもともと、大きな差があったのです。

とはいえ、最近では消費者金融と銀行のメガバンクが接近しているのです。

メガバンクと消費者金融が提携することで、借り入れがしやすいキャッシングローンが誕生しているのです。

銀行は独自のカードローンなどを提供していましたが、審査が厳しく、なかなか利用者は増えませんでした。

一方の消費者金融も、ある程度需要を拡大した後の利用者数は伸び悩んでいました。

消費者金融のノウハウを銀行は必要としていて、消費者金融はメガバンクのブランドイメージを必要としていました。

そこでこの2つが提携することによって、新しい需要の拡大が期待できたのです。

銀行と消費者金融業界は、お互いの利益のために提携し、これからも協力関係を続けていくのです。

スポンサーリンク


3.上限金利の引き下げによる消費者ローンの過払い問題が多くなっている

2006年に消費者金融業界には金利の上限引き下げが言い渡され、2010年に完全施行されました。

それまでの上限金利というのは、29.2パーセントでしたが、上限金利の引き下げ以降は、10万円以下であれば20パーセント、100万円以下で18パーセント、100万円以上で15パーセントにまで引き下げられたのです。

よって、引き下げられたときの超過分の金利というのは、過払い金として返還されるようになったのです。

上限金利が引き下げられたにも拘らず、それ以前の借金を返済している人というのは、前の金利のままで返済していることも多くありました。

近年になって過払い金の返還請求が多くなってきているので、消費者金融としてもあまり過払い金を支払いたくない状況になってきているのです。

上限金利の引き下げは、利用者にとってはもっと消費者金融で借り入れがしやすい状況になったわけですが、消費者金融業界としては、上限金利の引き下げは大きなダメージとなってしまいました。

スポンサーリンク