無利息期間にカードローンを返済するメリット「計画的に借り入れをする」

0
1078

5.高い金利になることがある

無利息期間中にカードローンの返済ができないと、高い金利になることがあります。

一般的に無利息期間を定めているカードローンは、期間を過ぎてしまうと高い金利が適用されることがあるのです。

つまり、元金だけの返済でよかったものが、「元金+高い金利分の利息」の返済になってしまうのです。

カードローンの金利の上限は18%程度ですが、仮に18%の金利が5万円にかかってしまった場合、9000円の利息を払わなければいけません。

ATM手数料などを含めれば、約1万円多く返済しなければいけないことになります。

無利息期間中にカードローンの返済を終えることは、高い金利を免れる為の手段でもあるのです。

スポンサーリンク


6.元金が減らないことがある

無利息期間中にカードローンを返済しきれなかった場合、元金が減らない可能性があります。

カードローンには、毎月の最低返済額があります。

ですが、最低返済額の内訳は「元金+利息」です。

利息分が多くなってしまえば、元金充填分が少なくなり、なかなか元金が減らないということがあり得るのです。

元金が減らなければ、いつまで経っても借金返済が終わりません。

借金を早く返済し終えたいのであれば、最低返済額以上の金額を返済していくことになります。

なかなか減らない元金を作らないためにも、カードローンの返済は無利息期間中に行いましょう。

7.無利息期間にカードローンを返済する計画を立てて、借り入れをする

無利息期間中にカードローンを返済する計画を立ててから借り入れをすることで、高い金利や借金地獄を免れる事ができます。

まず、借りる金額を決めるときには、返済の計画を立てるようにしましょう。

返済の計画は、無利息期間中に完済することを目的とします。

無利息期間中に完済できるように借り入れをし、計画通りに返済をすることで、高い金利や終わらない借金返済から免れるのです。

無利息期間は特別なものなので、カードローンを使うときには、計画的に利用することが大切なのです。

スポンサーリンク


無利息期間にカードローンを返済するメリット「計画的に借り入れをする」

1.利息がかからない
2.元金だけの返済になる
3.生活が楽になる
4.節約になる
5.高い金利になることがある
6.無元金が減らないことがある
7.無利息期間にカードローンを返済する計画を立てて、借り入れをする

カードローン

無利息期間にカードローンを返済することには、たくさんのメリットがあります。

逆に、無利息期間中に返済できなければ、デメリットも多いのです。

カードローンの無利息期間は、上手に使って、計画的に返済をするようにしましょう。