ローンカードを利用するときのメリット・デメリット

0
128

ローンカードは、気軽にいつでもお金を引き出せるものです。

ですが、引き出したお金はすべて、借金になってしまうので、賢く使う事が大切なのです。

今回はローンカードを利用する時に知っておくべきことを紹介しようと思います。

スポンサーリンク


1.少額だけを借りる

ローンカードを利用するときには、少額だけを借りるようにしましょう。

ローンカードの年率は、総じて高いものです。

たくさんの借り入れをしてしまうと、返済に時間がかかってしまいます。

年率が高いということは、借り入れ期間が長くなればその分利息も増えてしまうと言う事になります。

年率が高くなれば、利息の金額が増えて返済が大変になります。

少額だけを借りてすぐに返せば、利息も少なくて済みます。

ローンカードの年率は高いので、少額だけを借りてすぐに返すようにしましょう。

2.借りすぎない事に注意する

ローンカードを利用するときには、借りすぎないように注意しましょう。

借りすぎてしまうと、返済が大変になります。

いくら金利の低い銀行系ローンカードであったとしても、多額の返済をする事は大変なことなのです。

そして、返済に時間がかかると、金利の低いローンカードでも利息が増えていってしまうのです。

そうならないためにも、借りすぎない事が大切です。

例えば、2,3ヶ月で返せるような金額だけを借りて、返しきるまでは借り入れをしないと決めておくといいのかもしれません。

ローンカードを利用するなら、借りすぎないように注意をしましょう。

3.ローンカードの借り入れの返済はすぐに行う

ローンカードの借り入れでは、返済をすぐに行う事が大切です。

ローンカードの返済が長引いてしまうと、どうしても利息が増えて返済額が増えてしまう事になります。

ですが、返済をすぐに行うことができれば、利息も少なくなり、返済額は元金に少し利息がプラスされたくらいの金額になります。

このように、すぐに返済をすることで、返済総額を抑える事ができるのです。

返済総額をおさえる事ができれば、無駄なお金を払わなくて済むということにも繋がります。

ローンカードの借り入れをしたときには、返済をすぐに行う事が大切です。

スポンサーリンク


4.複数のローンカードで借り入れをしたら、一本化する

複数のローンカードで借り入れをしたら、一本化することを検討しましょう。

3つの借り入れがあった場合、返済日がバラバラで忘れてしまうという経験はないでしょうか?

そういったとき、一本化して借り換えをしてしまうと、返済日が1日になって返済忘れがなくなるのです。

そして、3つの借り入れには、それぞれ利息がつきます。

その利息も、一本化してしまえば減る事もあるのです。

そのため、借金の総額を減らしたい人、返済総額を減らしたいという人は、低金利のローンに一本化している人も多いのです。

複数のローンカードを利用して返済が大変になってしまったときには、一本化することも検討しましょう。

スポンサーリンク