カードローンの審査基準「個人の返済能力があるかどうか」

0
193

カードローンは借金なので、もちろん審査基準があります。

この基準に沿わない人には、カードローンを発行してもらう事はできないのです。

カードローンの審査基準とは、どのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク


1.カードローンの審査基準では、勤続年数が長いかどうかをチェックされる

カードローンの審査基準は、まず、勤続年数が長いかという項目をチェックされます。

例えば勤続年数が10年以上の人と、1年未満の人では、10年以上の人のほうが信用があることになります。

なぜかというと、10年以上勤続しているということは、10年以上安定した収入があるということになるからです。

カードローンとはいえ、借金です。

借金をすれば返済義務があります。

返済能力があるかどうかを調べるためにも、カードローンの審査基準では、勤続年数をチェックされるのです。

2.在籍確認が取れるどうかも、審査の一環である

会社への在籍確認が取れるかどうかということも、カードローンの審査基準のうちの1つです。

稀に、申込みの際に嘘の申告をする人がいます。

会社に在籍確認をするのはそのためで、これもまた、返済能力があるかどうかをチェックする項目になります。

在籍確認は個人名で行われるので、基本的に会社に借金がバレることはありません。

また、申込みのときに嘘の申告をするとマイナスポイントになってしまいます。

カードローンの審査基準では、在籍確認が取れるかどうかも重要なポイントなのです。

3.安定した収入があることが、カードローンの審査基準の最初の条件である

カードローンでは、安定した収入があることが、審査基準の条件になります。

これもまた、返済能力があるかどうか、という基準になります。

返済能力があるかどうかは、安定した収入があるかどうかになります。

例えば、毎月10万円を稼いでいるアルバイトでも、それが5年以上続いていれば、安定した収入とみなされるのです。

安定した収入と言うのは、やはり返済能力に直結するので、とても重要なことになります。

カードローンの審査基準では、安定した収入があることが、一番のポイントになってくるのです。

スポンサーリンク


4.審査では、居住年数が長いかをチェックされる

カードローンは、居住年数が長いと審査基準でプラスになります。

居住年数が長ければ、それはプラスになります。

頻繁に引越しをしていると、マイナスになってしまうかもしれません。

居住年数を審査基準にしているのには、理由があります。

「もし万が一、返済が滞ってしまったときに連絡が取れる住所があるか」ということです。

連絡が取れる住所として安心できるのは、やはり居住年数が長いことなのです。

カードローンの審査基準では、居住年数が長ければ長いほど、プラスに働きます。

スポンサーリンク