クレジットカードや借り入れの審査に通らなくなる5つの行動

0
217

クレジットカードやカードローンはとても便利

ですが、審査がつきもので、自分の信用を元に発行してもらうことが出来るものです。

では、クレジットカードやカードローンの審査に落ちてしまう行動とは、どんなものなのでしょうか?

スポンサーリンク


1.過去にさかのぼって未払いがある

クレジットカードやカードローンの借り入れをするときには、審査があります。

その審査では、過去の借り入れの状況なども知られてしまうことがあります。

過去にさかのぼって、未払いがある場合には、カードが発行してもらえないことも多いのです。

例えば、10年前に借りたカードローンの未払いが残っているときや、クレジットカードの支払いがされていないときなどには、信用情報にその情報が載ってしまうのです。

未払いがあるということは、今は違っていたとしても、「未払いをする状況になってしまう人」として見られてしまうことも多いのです。

つまり、お金を貸す側としては、あまり信用できない人ということになります。

もちろん、信用情報に未払いの記録が残っていたとしても、その情報を元に実際に審査をするのは、お金を貸す側です。

ですから判断基準はまちまちですが、未払いがあれば借り入れは難しいでしょう。

2.現在、遅延している借金や支払いがある

過去にさかのぼって未払いがある場合には、借り入れが難しくなると言うのは分かってもらえたと思います。

では、現在はどうでしょうか?

現在、他の金融機関から借り入れをしていて、その未払いがある場合には、もっと借り入れが難しくなることもあります。

例えば、借金を返すために新しく借金をしてしまう人がいます。

借金に借金を重ねて、雪だるま式に膨れた借金は、返すことが出来なくなって、最終的には債務整理と言う形になってしまうことも多いのです。

さて、今借金の申し込みをしようとしている人で、他の借金を返すために借金をしようとしている人はどのくらいいるでしょうか?

他の借金の未払いがある場合には、借り入れが難しくなります。

また、他の借金の金額によっては、借り入れが出来ないこともあります。

未払いがある場合には、その未払いを解消してから借り入れをすることが大切です。

スポンサーリンク


3.借り入れ総額が多すぎる

借金をするときには、総量規制という制限があります。

自動車ローンや住宅ローンはこれに当てはまりませんが、カードローンなどの現金の借り入れの場合には、この規制が重要になります。

総量規制というのは簡単に言えば「年収の3分の1以上のお金は借りられません」という規制です。

借金が増えすぎてしまうと、どうしても返済が難しくなってしまいます。

そこで、年収の3分の1までであれば、返せるだろうという判断のもと、総量規制が出来たのです。

総量規制の基準は、年収の3分の1ですが、これは、全ての借金の総額です。

例えば、年収300万円の人が、A社で50万円、B社で30万円借りていたとしたら、C者で借りられる上限は20万円となります。

つまり、借り入れの金額が多すぎる人は、借り入れが出来なくなるのです。

3分の1を上回る借り入れは出来なくなっているので、審査にも通らないでしょう。

スポンサーリンク