デビットカードを利用するときの手数料に関する5つのポイント

0
26

デビットカードを利用すると便利に買い物をすることができますが、手数料の心配をする人もいます。

実際、同じカード払いであるクレジットカードには手数料がかかるので、デビットカードでもかかるのでは、と思う人が多いのです。

では、デビットカードの手数料について説明していこうと思います。

スポンサーリンク


1.デビットカードで支払いをするときの手数料は、加盟店が負担する

まず、デビットカードで支払いをするときの手数料についてですが、これは加盟店が支払う仕組みとなっています。

デビットカードでの支払いは、その場で現金が必要ない代わりに、口座から引き落としがされます。

口座引き落としを行って代金を支払いますが、普通であれば引き落としには手数料がかかります。

デビットカードでも同じなのでは、と思う人もいるかもしれませんが、デビットカードでの支払いの場合には加盟店がその手数料を支払います。

デビットカードというのは、日本で発行できるものは2種類あり、ジェイデビットVISAデビットカードの2種類になります。

ジェイデビットカードはジェイデビットの加盟店で、VISAデビットカードはVISAデビットカードの加盟店でそれぞれ利用することが出来ます。

この加盟店が利用した人の手数料を負担してくれるので、利用した人は商品の代金分だけを支払えばいいのです。

デビットカードでの支払いには手数料がかからないということを覚えておきましょう。

2.ATMを利用するときの手数料が無料になる特典が付くカードがある

デビットカードを利用すると、その特典としてATM手数料が無料になるサービスがあるカードもあります。

デビットカードは、キャッシュカード一体型のものが多くあります。

ですから、キャッシュカードとして利用するときには、ATMを使うこともあると思います。

そんなとき、手数料がかかってしまうのは勿体無いので、そのままデビットカードで支払いをする人も多いのですが、カードを使うことができない店ではそういうわけにはいきません。

現金が必要になったとき、デビットカード兼用のキャッシュカードを利用してATMを利用するときの手数料が無料になるサービスを付帯しているカードもあるのです。

そういったサービスを利用すれば、毎月何回までという制限がありますが、その回数の中であれば手数料が無料になるのです。

楽天銀行などがこのサービスを行っているので、デビットカードを利用するときにはATM手数料も気にしてカードを作るようにすると、普段でもお得に利用することが出来ます。

スポンサーリンク


3.カードを発行する手数料や維持費がかからないデビットカードを選ぶ

デビットカードには、発行手数料や維持費のように年会費がかかるものがあります。

そういったものは、持っているだけでお金がかかってしまうので、どんな特典があったとしてもあまりお得であると感じる人はいないでしょう。

ですから、デビットカードを発行するときには、発行手数料や年会費がかからないものを選ぶほうがいいのです。

発行手数料、年会費がかからないカードであっても、しっかり補償はついているものが多いので、そういったものを選ぶと安心してデビットカードを利用することが出来ます。

また、年間でデビットカードを利用する金額が10万円以上であったり、20万円以上の場合には、手数料が無料になることもあります。

使う金額が大きいときには、そういった特典を利用する目的で、年会費がかかるカードを利用することも出来るでしょう。

デビットカードの発行手数料や年会費は、なるべくかからない方法を選ぶことで、よりお得にカードを利用して買い物をすることが出来るのです。

スポンサーリンク