「FXや株のチャートを理解する」クラスターでテクニカル分析を変えていく3ポイント

0
201

FXや株のチャートを理解するクラスターとは?

「テクニカル分析で役に立つ考え方が知りたい」「トレード手法に頼らない裁量が欲しい」。

そういった人ならポジションだまり=クラスターを考えてみる価値ありです。

クラスターは買いと売りの建玉で構成されたレンジ圏のことです。

これを理解することで「なぜレートが動いていくのか」を知るきっかけになります。このクラスターで重要なポイントを3つ紹介します。

スポンサーリンク


クラスターはストップロスを発生させる

レンジ状態にある相場状況では買い手と売り手がほぼ同数あり、もみ合いとなっています。

これを抜け出すことがレンジブレイクになりますが、この時クラスターの中にあるポジションは手仕舞い(ストップロス)をするのです。

これに巻き込まれるとお金がない人には困りもののストップロス貧乏にもなりかねません。

このためクラスター群から抜けるとストップロスでの変化が起きます。

上に抜けていく場合なら売り(ショート)が損失確定しながら上昇し、下に抜けていく場合なら買い(ロング)が損切りをしていき下降していきます。

クラスターはこうしたロングとショートがたまっている部分のため、こう着状態に陥ったまま長期間続くこともあります。

FXの場合は個人投資家やプロの投資家だけでなく実需も損切りをするため、ストップロスの巻き込みが起きやすくなり、レートは大きく動くこととなります。これは一つのトレードの基準となるのです。

デイトレードやスキャルピングでもレンジ状態からの抜けを確認して注文するパターンがあります。

スポンサーリンク


クラスターはサポートレジスタンスになる

クラスター群はポジションの溜りであり、必ずしもストップロスをするとは限らないのです。

残っているポジションが抵抗帯となりサポートラインやレジスタンスラインを形成する一因となります。

一目均衡表での雲と同じように、クラスターも抵抗になるのです。

過去のチャートでクラスターができているレートに到達するとそこで一旦動きが止まるはずです。

過去にポジションを持っていた投資家がそこで決済したり損切りをするために抵抗帯となるのです。

サポートラインやレジスタンスラインをどのように考えるかは投資家により異なる部分はありますが、ネックラインは主にクラスターがある部分に形成され、ラインでトレードをする場合に重要な判断基準となるでしょう。

クラスターそのものがレジスタンスやサポートのライン上で形成されやすく、そこでもみ合いになることも多いものです。

そこでレートが切り上げていくか、切り下げているか、高値安値の更新なども判断材料として考えられます。

サポートやレジスタンスラインを抜け出せないことでクラスターが出来上がっていることもあるでしょう。

投資家が買いを続けながらもレジスタンスを抜け出せない場合ならそこは大きなレジスタンスになっていると考えることも出来ます。

スポンサーリンク