不動産投資に失敗しないための5ポイント「サブリースを利用する?」

0
29

将来的なことを考えて不動産投資をはじめようと考える人はたくさんいますが、その分、失敗している人もたくさんいます。

将来、安定した家賃収入を得るためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

不動産投資に失敗しないためのポイントについて、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.不動産投資で失敗しないためにはサブリースを利用する

不動産投資の失敗で多いのは、物件の運用です。

借主が見つからないで、自分の負担だけで高いローンを払っていかなければいけないという状況になってしまえば、意味がないのです。

不動産投資というのは物件のローンは、借主の家賃で賄うことを目的としている場合がほとんどです。

ですから、借主が見つからないで物件だけを保有しているとなると、それだけ負担が大きくなってしまうのです。

また、物件の運営というのは大変なので、仕事をしながらの不動産投資というのは難しいのです。

そこで、サブリースを利用することをお勧めしたいと思います。

サブリースとは、物件を保有しているオーナーから、不動産会社が一括して物件を借り上げ、運営を行う方法です。

毎月の安定した家賃収入を得ることが出来て、クリーニングなどの必要な手配は不動産会社が行ってくれるのでとても便利なのです。

不動産投資をするなら、失敗しないための方法としてサブリースを活用してください。

2.不動産投資の利回りをしっかり計算することが大切である

株式投資やFXなどを行うときには、利回りを気にする人が多いのですが、不動産投資にも利回りはあり、失敗しないためには利回りを気にすることが大切になるのです。

利回りというのは、年間で何パーセント、自分の資産が増えるのかというものです。

不動産投資の利回りには、不透明な部分が多かったり、実際の利回りとは違うこともあるので、注意が必要です。

不動産投資の利回りで重要になるのは、表面利回りではなく、実質的な利回りのことです。

例えば、5000万円のマンションを購入して、年間で500万円の収入が得られるのであれば利回りは10パーセントということになります。

これは表面的な利回りということになります。

実質的な利回りというのは、この収入からローンの支払い、固定資産税などの税金の支払い、管理費や修繕費を差し引いたもののことをいいます。

なので、色々な経費を差し引くと利回りが悪くなってしまうということもあるので、表面的な利回りに騙されてしまうと、不動産投資に失敗してしまうのです。

スポンサーリンク


3.失敗しないためには家賃保障システムを使う

不動産投資に失敗してしまうケースの多くは、借主が見つからなくて家賃収入が得られない期間があったり、家賃の滞納というリスクがあるからです。

こうしたリスクがあると、不動産投資は本当に安全なのか?と思ってしまう人もいると思います。

そこで、借主が見つからないときや滞納されてしまったときのリスクを減らすために、家賃保障というシステムがあります。

家賃保障というのは、もともと連帯保証人を用意できない借主のために連帯保証人を勤めてくれる会社を用意する制度でした。

ですが、貸主側のリスクを軽減したり、滞納金の回収をする手間を減らしたりするために、賃貸物件を貸し借りするときに、家賃保障会社を建てるケースが増えているのです。

貸主側としては、家賃回収の手間もなく、安定して収入を得ることができるというメリットがあるので、不動産投資に失敗しづらくなるのです。

スポンサーリンク