FX投資を使った4つの資産運用法

0
43

”お金持ちになりたい”誰もが1度はそう思ったことがあるだろう。

しかし、現実は給料が下がる一方で、更にはボーナスカットという話もよく耳にする。

これから述べることは、そんな境遇の人も、お金持ちになるチャンスは存分にある話だ。

まずは、その前に資金運用が必要かどうか、その必要性を認識することが第一歩だ。

スポンサーリンク


1・資産家にも種類がある

”資産家に種類なんてあるのか”そう思った方もいるだろう。実は、資産家に種類は存在している。
大きく分けて6つの条件の資産家だ。

  • 経済的資産 価値のある物を持っている、金融資産が豊富にある。
  • 精神的資産 豊かなキャリヤや心が豊かである。
  • 生活文化資産 楽器が演奏が出来たり、スポーツが出来る。
  • 健康資産 健康である。
  • 人的資産 様々な人々とのつながりがある。
  • 環境資産 地球環境は人類共通の資産である。

いくらお金や土地がたくさんあっても、精神的に豊かでなければ資産家とは呼べないだろう。

お金だけが資金家の象徴というのは大きな間違いだ。上記の事を考えると、あなたも資産家だ。

とは言うものの、やはりお金がたくさんあるのに越したことはない。

精神的にも経済的にも資産家になるのは人として、とても魅力的だ。

しかし、これからの努力次第ではそれは充分に可能である。まずは、資金運用法にはどんなものがあるのか知ることから始める。

スポンサーリンク


2・FX投資を知る

FXという言葉は耳にしたことがあるが、正直何のことか分からない。心配は無用だ、最初から分かる人は居ない。

徐々に経験して、慣れて、学んでいくものだ。FX(外国為替証拠金取引)はもともと、英語の外国為替「Foreign eXchange」からFとXを取ったものだが、すぐにFX = 外国為替証拠金取引が定着した。

FXが行われるようになった経緯は、ごく最近の話だ。

日本では、1998年4月に改正外国為替及び外国貿易法が施行されるまでは外国為替を扱えるのは一部の銀行に限られ、個人や事業法人で外国為替保証金取引を行うことは出来なかった。

しかし、改正法施行後は個人でも取引が可能となり、多くの事業会社もFXに参入した。現在はインターネットの発達やオンライン取引の普及とともに個人投資家の注目を集め、金融商品の中でも大きく成長している分野である。

FXを簡単に説明をすると、外国の通貨を売り買いし、その差額で利益を得る行為である。

投資額は、株式投資の投資額と比べると少ない金額から始められる。

FXをする上でよく耳にし、大事な事がある。”レバリッジ”だ。”てこの力”という意味を持つレバレッジは、FXの世界で小さな資金で大きな金額を動かせる効果として使われている。

FXに興味が湧いた人は覚えていたほうがいいだろう。

そもそも、FXは手数料が安い為手軽に始める人が増えている。

業者への入金は只が一般的で、取引の手数料である”スプレッド”も最近は非常に低く抑えられており、トレーダーにとってはどんどん好条件だ。

株式取引よりFXの方がお金もかからず、寧ろ増えると言っても過言ではない。

スポンサーリンク