ワンルームマンションで資産運用を行う4つの方法

0
178

現在資産運用にも様々な手法がありますが、その中でもワンルームマンションに注目が集まっています。

マンションを購入するとなると多額の資金が必要になります。

しかし、ワンルームマンションの場合は比較的資金が少なくて済むので手が出しやすいというメリットがありますね。

中古のものであれば中には100万円以下で購入出来るワンルームマンションも存在しています。

注目されている資産運用の一種ですのでしっかり覚えておきたいところです。

スポンサーリンク


1.ワンルームマンションの契約は早めに行う

何故、今がワンルームマンションで資産運用を行う絶好のタイミングなのでしょうか。

そこには、増税の問題が存在しています。2014年4月に、消費税が8%になる事が決定しました。

更に、2015年には10月1日から遂に10%になると言われています。

そのため、現在資金に余裕があるという方であれば今購入しておいた方が断然お得ですね。

特に大きな金額の場合はその消費税も莫大になるのですから気をつけておきたいところです。

また、物件の引き渡しをする日にも注意が必要です。

2014年3月31日までなら大丈夫なのですが、それを過ぎてしまうと消費税が一気に3%も加算されてしまう事になります。

そこで、契約時にスムーズにいかないと日にちがズレてしまう事があります。

期限前だから大丈夫だと油断していると、大きな痛手になってしまいます。

特にその時期になると契約が殺到する事も考えられます。そこで、しっかり余裕を持って契約するようにしましょう。

スポンサーリンク


2.消費税に関して理解する

では、ワンルームマンションの購入にかかる消費税について更にご説明させて頂きます。

まず、消費税がかかるのは建物のみなのです。土地の売買には原則として税金がかからない事なっています。

しかし、そこで忘れてはいけないのが仲介業者の存在です。通常はこういった仲介業者を介して売買を行うというのが一般的ですよね。

しかし、そこには基本的に仲介手数料が発生します。

そこで、その手数料にも消費税がかけられるという事を理解しておきましょう。

つまり、消費税が上がる事によっていくら土地の影響は受けないといっても、その手数料の面で今よりもずっと損をしてしまう可能性もあるのです。

そこで、やはり早めに取引を済ませておく事が勧められます。

しかし、現在は購入のチャンス時期という事もあり、直前になると悪質な業者が出てくるとい事も予想されています。

そのため、業者の見極めはしっかり行う必要があるのです。やはり、早めに動いておいた方が無難だという事ですね。

スポンサーリンク