日本一の投資家・竹田和平氏の名言から学ぼう!株式投資の4つの手法

0
198

竹田和平氏は、たまごボーロでお馴染み竹田製菓の創業者でもあります。

そして、日本の中でも屈指の長期投資家であり、その独自の理念は多くの人を引きつけています。

実際、竹田和平氏の言葉で前に進む勇気をもらえたと話す方も多くいらっしゃいます。

お金の事だけではない、人生観を変えてしまうような素晴らしい言葉の数々です。

そこで、今回はそのような竹田和平氏の名言から、投資の手法を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク


1.経営者は明日をつくる

まず、『経営者は「明日をつくる」のが仕事です。事業は社員がやってくれます。

経営者は明日の事業をどうしていくかを考えなければいけません。』という名言をご紹介致します。

実際に、竹田和平氏も竹田製菓の創業者です。そして、このような経営をされてきたのだという事がよくわかりますね。

つまり、しっかりと明日をつくっている経営者を選ぶ必要があるという事です。

しっかり事業を遂行してくれる社員がいるのか、その事業をどうしていくのかを考えられる経営者なのか、こういった点から銘柄を選んでいく事も出来ますね。

実際、竹田和平氏は株主と喜びを分かち合えるような会社の銘柄を選んでいます。

どのような会社となら喜びを分かち合っていけるのか、そう考えた時にその会社の経営者の存在というのは非常に重要です。

確かに、竹田和平氏のように四季報のみを判断して銘柄を選ぶという手法もあります。

逆に、経営者と社員との繋がりを見て銘柄を選ぶという手法もあって良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク


2.気概のある経営者の会社を選ぶ

次にご紹介したいのは、『経営者は能力があっても気がしっかりしていなければダメです。

もちろん気力だけでもダメですが。世のため人のためにやりたいという気概のある人が結果として成功しています。

たとえいま上手くいっていなくても、きちんとやるべきことを宣言できる人であれば大丈夫です』という言葉です。

確かに、世の中の経営者の方というのは一部例外を除き、皆さん能力のある方ばかりです。

しかし、その気力というのはどこへ向かっているのかも重要なのです。

例えば、便利なアイテムを開発、販売している会社があるとします。

しかし、儲けを考えるだけではなく、本当に人の為になる商品なのかを考えている会社なのかどうか、その違いは大きいです。

また、この名言の中には「結果として成功している」というフレーズがあります。

日本トップクラスの長期投資家である竹田和平氏の周りには、多くの人間が集まります。

その中には、経営者の方もたくさんいらっしゃいます。

そんな経営者の方をたくさん見ている会長のお言葉だからこそ、非常に説得力があります。

スポンサーリンク