竹田和平氏から学ぼう!四季報を使った4つの方法

0
122

和製ウォーレン・バフェット「竹田和平」

世界一の投資家と呼ばれているウォーレン・バフェット氏。

彼とはまた手法は違うものの和製ウォーレン・バフェットと呼ばれているのが竹田製菓の会長である竹田和平氏です。

竹田和平氏は、情報源は四季報だけだとおっしゃっています。

投資家にとっては手放せないアイテムではあるものの、いまいち見方がわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は竹田和平氏の手法を元に主に長期投資を行う際に有効な四季報の見方をご紹介致します。

スポンサーリンク


1.竹田和平氏の信頼している四季報とは何かを知る

まずは、四季報とは一体どのような媒体なのかをしっかり理解しましょう。

様々な種類がありますが、投資の世界では東洋経済新報社が発行している会社四季報を指す事が殆どです。

1年に4回、つまり季節ごとに刊行されているのが特徴です。

上場企業の情報はもちろん投資信託に関する情報までも網羅されており、投資を行っている方にとっては手放せない必須アイテムなのです。

現在、投資を行うには様々な手段があります。

例えば、超短期で売買を繰り返す方であれば、会社の経営状態よりも値動きの方が重要なのです。

しかし、長期で考えた場合にはどうでしょうか。

長期的に保有する事を前提としている場合、やはりその会社の安定性等が関わっていきます。

そのため、そういった情報を一目で判断する事が出来るのです。

実際に、竹田和平氏も株式投資を行う際の情報源は四季報のみで充分だと発言されています。

竹田和平氏の場合は長期投資を行っているためそれで良いという事ですね。

しかし、短期での売買をメインにしている方の場合は同じ使い方は出来ません。

そのため、ご自分のスタイルによっても利用方法が異なるので注意が必要です。

スポンサーリンク


2.インターネットで会社四季報オンラインを活用する

現在、投資をするのに多くの方はインターネットを活用しているのではないでしょうか。

実は、会社四季報も時代の流れに乗ってインターネットで見る事が出来るのです。

会社四季報オンラインと呼ばれており、会員登録をしなくても一部情報が見る事が出来ます。

ちなみに、会員登録をする事によって見れるコンテンツが増えます。

無料のスタンダード会員と有料のプレミアム会員に分かれており、プレミアム会員の場合は更にオプションを追加する事も出来るため非常に便利です。

何より、多くの情報をインターネットでまとめて見る事が出来るため時間の短縮にも役立ちます。

実際、投資のスタイルによっても異なるのですがなかなか時間が取れない事が悩みになってしまっている方も多いのです。

そのため、短縮できる時間はどんどん短縮していきましょう。

ちなみに、会員登録を行わない場合はゲストでの閲覧となります。

見る事の出来る情報には限りがあり、スタンダード会員という無料での登録も出来ますので、出来れば登録しておく事をおすすめ致します。

スポンサーリンク